誰もいない真夏の夜の海。さざなみのそば、キスだけじゃ終われない。

・作

真夜中、プライベートビーチと化した誰もいない静かな海を散歩していたら甘い空気が流れ始め、キスだけで終われるわけもなく…。夜の海に見守られながら、立ったまま降り注ぐ愛撫に溢れ出す蜜は止まらない。もっと深く欲しいとお互いに激しく求め合って…。

静かな夜の海を、ふたり手を繋ぎ歩いていた。

海に入るわけでもないのに、雰囲気を味わうために水着を着て。

昼間とは違って穏やかで優しい波の音が幾度となく繰り返される。

しばらく砂浜を歩いていると見えてきた海の家。

昼間は大勢の人で賑わっていたこの場所も、夜ではすっかり静まり返っていた。

「海の家も昼間と違って誰もいねー!」

『こんな夜中に誰かいたら怖いし!』

なんて他愛もない会話をしながらゆっくりと流れる贅沢な時間を堪能していた。

自然とふたりは目が合って、真っ直ぐに見つめ合って、引き寄せられるように口付けを交わした。

ちゅっ、と、触れ合うだけの可愛らしいキスから、次第に角度を変えて吸い合う内に、徐々に脳が甘く痺れてきた。

僅かに開いた唇から舌を捻じ込み、私の逃げる舌を器用に絡み取る。

『…っ…んんっ…』

私の口内を甘く溶かして、離れていく唇。

ふたりを繋ぐ銀の糸が名残惜しそうにプツリと切れた。

和也の手が私の胸へと伸びてきて、水着の上から指先で優しくふたつの突起を押し潰す。

官能的な刺激を受けて、柔らかかった突起は硬く主張し始めた。

『はぁっ…和也…。こんなとこで』

「こんな所って、キスしてちょっと胸触っただけじゃん?その気になっちゃったのは花音の方じゃない?」

意地悪を言って、私の水着の隙間から指を差し込む和也。

「こんなにグショグショにして、淫乱♪」

『ッ!待って、あぁっ、だめぇ…』

わざと音を立てながら、私を翻弄するかのように動く指。

そのまま滑らせた和也の指によって、私の秘部に咲く小さな蕾は簡単に探り当てられてしまった。

静かな夜の海に、波の音と、私の秘部が奏でる淫らな水温が混ざり合って耳に届く。

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 満員電車で痴漢に遭い、そのまま公衆トイレで…

    黒子せな53800Views

  2. マッサージの施術中にいやらしく胸を揉まれ犯される

    黒子せな41657Views

  3. 大好きな彼氏に嫌われたくなくて、執事に頼んでエッチなレッスンはじめました。

    八代もも39306Views

  4. 官能小説を読んでいるのが男友達にバレました

    十月夏葵36828Views

  5. 媚薬を盛られて仕方なくワンナイトのつもりだったのに…

    baisu28520Views

  6. 止まらない振動に快楽堕ち

    天音澪莉22037Views

  7. 別れた元カレの部屋で二人きり。心の中で彼女に謝りながら今夜だけの関係を求めたら…

    八代もも20525Views

  8. 幼馴染と再会し一週間お試しで付き合うことにOKしたけど、キスの先を望むくらい欲情が溢れて…

    八代もも14375Views

  9. アプリで知り合った10歳年上の男性と初めての中イキ

    黒子せな14258Views

  10. 愛し合って、ぬくもりを。

    天音澪莉14242Views

最近のコメント

人気のタグ

クリトリス クンニ 愛のあるSEX キス 愛撫 ちょっと強引に クリ責め 我慢できなくて 思わぬ展開 乳首 指挿れ イキっぱなし 乳首責め ラブラブ 働く女性 ベッド以外 潮吹き 彼氏 いじわる 胸きゅん フェラ 言葉責め 好きな人 中出し 年下クン 年上の男性 ちょっと過激に スリル OL 挿入なし

すべてのタグを見る