冷えた体を温めてください

・作

食品会社の営業として働く彩羽(いろは)。上司の葛城主任と外回り中、ゲリラ豪雨にあい目に入ったラブホテルで雨宿りすることに。寒さで震えながら『主任、温めてください』と口にすると『いいよ』と腕を広げてくれた主任と就業中のいけない情事。

食品会社で営業として働き始めて3年。毎日充実しているからか日々が飛ぶように過ぎていく。後輩もできたけれど、まだまだ学ぶことも多く、長い付き合いのある所への挨拶はまだ上司である葛城主任と一緒に回ることも多くて。

「来たときは晴天だったのにな」

「今日は降水確率0%だったから傘持ってませんよ」

朝のニュース番組でお天気お姉さんがにこやかな笑顔で今日は一日晴れで気持ちいい一日だと。ピカッと閃光が走る空、地面にたたきつけるように降る大粒の雨。オフィス街名物、ゲリラ豪雨。こうなったら小一時間はやまない。

「会社一度戻る予定ですけど、どっかで雨宿りしないと…」

「このままここにいるわけにはいかないしな。走るぞ、金井」

「え?!」

*****

結局びしょびしょになり、雨はさらに激しくなり、現在たまたま目に入ったラブホの一室。
棚にあったタオルでぽたぽたとしずくがこぼれる髪を拭いて、鞄を開ける。中のものが濡れてないことを確認して、一息ついた。一息つくと同時に目に入った大きなベッドに心臓が急に強く鼓動を打つ。どこに目線をやっていいかわからず俯いていると主任が

「走らせて悪かったな、大丈夫か?」

と大きなバスタオルで体をくるんでくれた。そっと手に触れて、困ったように笑う。そこで初めて自分がかすかに震えてることに気が付いた。濡れたシャツに体温が奪われ、手も冷たくなっていた。

「手、冷たいな。寒いなら空調切るか。風呂はガラス張りだしな。布団くるまってても…」

エアコンのリモコンを手に取った主任のスーツの袖を引いた。驚いたように主任が振り向く。私はまた少し袖を引いた。

「主任、温めてください…」

その言葉に驚いたように目を見開いた主任を見て、慌てて取り消そうとすると両手を広げられた。

「いいよ、おいで」

少し近づくとぎゅっと抱きしめられる。同じぐらい濡れていたはずなのに主任は温かかった。戸惑いがちに広い背中に腕を回す。少し顔を上げると目が合った。その目が細められるとともに唇を塞がれた。

「唇も冷たいな」

「まだ、寒いの…」

掠れた声で甘えるように胸に顔をうずめる。これ以上言葉はいらない。黙って主任の顔を見上げた。

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 満員電車で痴漢に遭い、そのまま公衆トイレで…

    黒子せな56607Views

  2. マッサージの施術中にいやらしく胸を揉まれ犯される

    黒子せな46455Views

  3. 官能小説を読んでいるのが男友達にバレました

    十月夏葵37954Views

  4. 大好きな彼氏に嫌われたくなくて、執事に頼んでエッチなレッスンはじめました。

    八代もも35235Views

  5. 別れた元カレの部屋で二人きり。心の中で彼女に謝りながら今夜だけの関係を求めたら…

    八代もも21816Views

  6. 媚薬を盛られて仕方なくワンナイトのつもりだったのに…

    baisu21293Views

  7. 止まらない振動に快楽堕ち

    天音澪莉20110Views

  8. 愛し合って、ぬくもりを。

    天音澪莉14677Views

  9. アプリで知り合った10歳年上の男性と初めての中イキ

    黒子せな13905Views

  10. 推しの彼と二人だけの秘密

    勝田12836Views

最近のコメント

人気のタグ

クリトリス クンニ 愛のあるSEX キス 愛撫 ちょっと強引に クリ責め 我慢できなくて 思わぬ展開 乳首 指挿れ イキっぱなし 乳首責め ラブラブ 働く女性 ベッド以外 潮吹き 彼氏 いじわる 胸きゅん フェラ 言葉責め 好きな人 中出し 年下クン 年上の男性 ちょっと過激に スリル OL 挿入なし

すべてのタグを見る