大人になって訪れた思い出の学校で。月の光が照らす教室で甘いエッチな思い出づくり。

・作

同窓会の帰り道、何年経っても変わらないお互いを想い合う気持ちに気づいて…。あの日、あの時、あの場所で、叶わなかったことを大人になった今取り戻す。お酒の力が背中を押して積極的になってしまった2人がイケない場所でイケないことを…。加速した恋心が、数年の時を経て実る。

20歳の夜、高校の同窓会の帰り道。

帰る方向が一緒だった優輝と蘭は、お酒に酔った体を夜風で冷ましながら、ゆっくりと夜道を歩いていた。

「あの、さ…俺、今更かもしんないけど、蘭のことがずっと好きだった。今も…」

『うそ…私だって…優輝のこと3年間ずっと好きで、今だって、好き…だよ…』

卒業して時を経た今知ったお互いの気持ち。

お酒の力もあったのかもしれない。

あの頃は伝えられずにいたふたりの心が、ようやく結ばれたのだった。

歩いている内に、高校時代通っていた2人の母校へとたどり着く。

『懐かしいね。学校、入れないのかな?』

「流石に無理じゃない?でもあそこからなら…」

学生時代、生徒たちが使っていた校舎への近道である抜け穴は今も昔と変わらずだった。

そして、まるで2人を招き入れるように鍵のかかっていない校舎の扉。

「警備どうなってんだよ」

なんて笑い合いながら、夜の学校へと忍び込む。

一緒に過ごした教室は、あの頃を鮮明に思い出させてくれた。

『私の席ー!優輝がこっちだったよね』

教室の後ろの窓際の席。

隣同士で授業を受けていたあの頃。

昔話に花が咲く中、切り出したのは蘭だった。

『あのね…』

「ん?どうした?」

『今更だけどね、あの時作れなかった思い出を今から作りたいの。この学校で、あの時できなかったこと…』

「俺にできる事ならなんでもするよ」

『ん…キス、したい…』

蘭はそっと瞳を閉じた。

彼女の可愛いお願いごとを、優輝に断る理由などなかった。

蘭の華奢な肩を両手で掴み、その柔らかな唇に自らの唇を重ね合わせる。

『ん…っ』

軽い口付けはどんどん深く、互いに舌を絡ませていく。

熱い吐息を漏らしながら、求め合うようにキスを交わし続けた。

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 性感マッサージのセラピストにハマっちゃう!

    十月夏葵45550Views

  2. 年上の甘い彼氏に調教されてます

    十月夏葵44056Views

  3. ヤンチャな彼氏におもちゃを使ってお仕置きされる

    川海月42562Views

  4. 友達のままだったら知らなかったこと

    勝田39810Views

  5. 片思いの相手には彼女がいてクンニ好きだった。それを知ったクンニ好きの私が彼に舐めてほしいといってみたら…

    八代もも36357Views

  6. セクサロイドを買って中イキまで開発してもらいました

    アオイチョウチョ30601Views

  7. 名前も知らないイケメンのいたずらから大学の空き教室で…♡

    青海なぎ28107Views

  8. いい旅、いいお湯、いいオジサマ?

    十月夏葵22060Views

  9. ワンナイトでクセになりそうなほど攻め立てられてしまいました

    アオイチョウチョ20567Views

  10. 彼氏の浮気現場を尾行していたら、超絶イケメンに口説かれて…

    八代もも20246Views

最近のコメント

人気のタグ

クリトリス クンニ 愛のあるSEX キス ちょっと強引に 愛撫 クリ責め 我慢できなくて 乳首 思わぬ展開 指挿れ 乳首責め イキっぱなし ラブラブ 働く女性 ベッド以外 彼氏 潮吹き 胸きゅん いじわる フェラ 言葉責め 中出し 好きな人 年下クン 年上の男性 OL スリル ちょっと過激に 挿入なし

すべてのタグを見る