花言葉のメッセージ。本能のままに求め合う、甘い雨の夜。

・作

秋の夜に突然降り出した土砂降りの雨。雨宿りをしている時に偶然出会ったのは行きつけの花屋のイケメンお兄さん。そのまま家に誘われて…「欲求不満、僕が満たしてあげますよ?」花言葉に隠されていた意味とは?ただの雨宿りが一変、素敵な花屋さんと過ごす甘い一夜の物語。

『最悪…』

さっきまでの綺麗な星空が嘘のように、灰色の雲が空一面を覆い、雷鳴の轟きと共に突然降り出した大粒の激しい雨。

シャッターの閉まり切った夜の商店街で、僅かな軒下へと避難し空模様を伺っていた。

傘を持たずに出てきていた私はすでに全身びしょ濡れだ。

秋の冷たい雨は容赦なく体温を奪っていく。

「あれ?美月さん?」

人通りの少ない商店街、突如声をかけられた。

『え、涼くん?』

「覚えててくれたんですね!嬉しいな。いつもありがとうございます!」

『こちらこそ、いつも素敵なお花をありがとうね』

涼くんは私の行きつけの花屋さんの店員さん。まさかこんな所で会えるなんて。

「それよりこの雨、朝まで続くそうですけど…美月さん傘は?」

『実は忘れちゃって…天気予報見てなかったんだぁ…』

「あの…僕の家、すぐそこなんです。よかったら雨宿りしていってください」

『いや、でも…』

何度も顔を合わせているとはいえ、彼と私の関係性はただの店員と客。

それでいきなり家にお邪魔するなんて、さすがに少し躊躇ってしまう。

「遠慮しないでください。美月さん震えてるし風邪引いちゃいますよ!それに…美月さんにその格好で帰ってほしくないです」

気まずそうに目線を逸らす彼の言葉の意味は、私が濡れたブラウスを肌に密着させ、下着が透けて見えていたことだった。

『…あ…』

恥ずかしくなり、両腕で体を覆い隠す。

「とりあえず、これ、着て下さい」

彼が着ていたメンズのトレンチコートを優しく肩に羽織らせてくれる。

少し大きなコートは雨で冷えた体を温めてくれた。

「せっかくこうして会えたんです」

差し出された手。

『じゃあ…お言葉に甘えてもいい?』

「もちろん!」

彼の持つ傘に入れてもらい、同じ歩幅で歩く。

「濡れちゃいますから、もっとこっちにくっついてください」

肩をぐっと引き寄せられた。

そんな彼の男らしいエスコートに、私の心はときめいていた。

*****

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 満員電車で痴漢に遭い、そのまま公衆トイレで…

    黒子せな56638Views

  2. マッサージの施術中にいやらしく胸を揉まれ犯される

    黒子せな46495Views

  3. 官能小説を読んでいるのが男友達にバレました

    十月夏葵37959Views

  4. 大好きな彼氏に嫌われたくなくて、執事に頼んでエッチなレッスンはじめました。

    八代もも35235Views

  5. 別れた元カレの部屋で二人きり。心の中で彼女に謝りながら今夜だけの関係を求めたら…

    八代もも21829Views

  6. 媚薬を盛られて仕方なくワンナイトのつもりだったのに…

    baisu21315Views

  7. 止まらない振動に快楽堕ち

    天音澪莉20126Views

  8. 愛し合って、ぬくもりを。

    天音澪莉14686Views

  9. アプリで知り合った10歳年上の男性と初めての中イキ

    黒子せな13916Views

  10. 推しの彼と二人だけの秘密

    勝田12840Views

最近のコメント

人気のタグ

クリトリス クンニ 愛のあるSEX キス 愛撫 ちょっと強引に クリ責め 我慢できなくて 思わぬ展開 乳首 指挿れ イキっぱなし 乳首責め ラブラブ 働く女性 ベッド以外 潮吹き 彼氏 いじわる 胸きゅん フェラ 言葉責め 好きな人 中出し 年下クン 年上の男性 ちょっと過激に スリル OL 挿入なし

すべてのタグを見る