きょうもセックスで私は生きている

・作

32歳の私はセフレときょうもセックスに励んでいる。25歳になったら結婚をして子供を産んで…そんな人生を歩むと思っていたのに一体どこで私は変わってしまったんだろう。股間をバイブでくすぐられ何度もイきながら私はそんなことを考えている。

10代のころは25までに女の時代は終わって30になったら死のうと思っていた。

*****

今私は32歳。

ホテルの一室の窓に全裸で寄りかかって息を荒げている。

股間からはブブブと静かな機械音。

小さなバイブが私の膣内をかき回している。

「う、うううん」

私の痴態をベッドに腰掛けてじっと見ている男がいる。

私のセフレだ。

「気持ちいい?」

聴かれたので黙ってうなずく。

「好きだよね。電マ。でもあまりやりすぎると機械でないとイケなくなるってさ」

男はベッドから立ち上がると私のそばまでやってきて股間に手を伸ばす。

男はバイブを引き抜く。

「あううん」

私は軽くイッた。

男はくくっと喉を鳴らした。

ローションと愛液でぬるぬるしている局部に指を這わせると、中心が「もっとイキたい」とうずいている。

「ベッド行こうよ」

甘えた声を出すと男が私を抱え上げた。

「きょうは面白いもの持ってきたんだ」

「なに?大人のおもちゃ?」

「それはクセになるから俺はあまり好きじゃない。まあ気持ちよくなれるツールには変わりないけど」

男は私をベッドにおろすと、ネクタイを外した。

「ネクタイで縛るの?」

「はは、くしゃくしゃになっちゃうよ」

男はズボンのポケットをまさぐると小さな容器を取り出した。

旅行用の使い切りのフェイスクリームでも入っていそうな小さな容器だ。

「なあにそれ」

「すごく気持ちよくなれるクスリだよ」

「やだ…ヤバいものじゃないでしょうね」

「だったらどうする?」

私は逡巡した。

この男とベッドを共にするのは三回目だが相手のことはあまりよく分かっていない。

私は詮索が好きではない。

もしかしたらすごく危ない男なのかもしれない。

でも。

「いいわよ…」

学生の頃は「25歳くらいで結婚して2人子供を産む」なんて言ってた。

けれどひとりの男では我慢できない自分に気づいた。

危ない男に当たったとしてもしょうがない。

私が選んだのだ。

脚を拡げると男がその間に身体を進めてきた。

キャップを開けて容器の中身を取り出す。

男の指に半透明のジェルがたっぷりとついていた。

男はそれを私のクリトリスに塗りこめ始めた。

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 風俗でバイトしていた過去がばれ、上司に脅され犯されるなんて…

    秋宮未来76224Views

  2. 年上の甘い彼氏に調教されてます

    十月夏葵43036Views

  3. 姉が酔い潰れた夜、姉の彼氏とエッチな雰囲気になってしまった妹。罪悪感は次第に快楽へと変わっていって…

    八代もも26178Views

  4. 新しい弟と私の性事情の話。

    かぁゆ23171Views

  5. 復讐には復讐で ―慰謝料の代わりに不倫相手の妻にお仕置きされて…―

    まゆり22064Views

  6. 中国俳優はベッドで激しく私を愛する

    甘乃実弥20583Views

  7. 絶倫彼氏の愛の暴走。嫉妬に狂って連続中出し

    天音澪莉19043Views

  8. 酔い潰れている夫の真横で元彼の性玩具にされた夜

    秋宮未来18923Views

  9. 隠していたおもちゃを同棲中の彼氏に見られて意地悪されちゃった夜

    りんご18808Views

  10. お客様は元同級生??告白できなかった憧れの男子といきなりエッチすることになるなんて…

    八代もも16993Views

最近のコメント

人気のタグ

クリトリス クンニ 愛のあるSEX キス 愛撫 ちょっと強引に クリ責め 我慢できなくて 思わぬ展開 乳首 指挿れ イキっぱなし 乳首責め ラブラブ 働く女性 ベッド以外 潮吹き いじわる 彼氏 胸きゅん フェラ 言葉責め 好きな人 年下クン 中出し 年上の男性 ちょっと過激に スリル OL 挿入なし

すべてのタグを見る