きょうもセックスで私は生きている

・作

32歳の私はセフレときょうもセックスに励んでいる。25歳になったら結婚をして子供を産んで…そんな人生を歩むと思っていたのに一体どこで私は変わってしまったんだろう。股間をバイブでくすぐられ何度もイきながら私はそんなことを考えている。

10代のころは25までに女の時代は終わって30になったら死のうと思っていた。

*****

今私は32歳。

ホテルの一室の窓に全裸で寄りかかって息を荒げている。

股間からはブブブと静かな機械音。

小さなバイブが私の膣内をかき回している。

「う、うううん」

私の痴態をベッドに腰掛けてじっと見ている男がいる。

私のセフレだ。

「気持ちいい?」

聴かれたので黙ってうなずく。

「好きだよね。電マ。でもあまりやりすぎると機械でないとイケなくなるってさ」

男はベッドから立ち上がると私のそばまでやってきて股間に手を伸ばす。

男はバイブを引き抜く。

「あううん」

私は軽くイッた。

男はくくっと喉を鳴らした。

ローションと愛液でぬるぬるしている局部に指を這わせると、中心が「もっとイキたい」とうずいている。

「ベッド行こうよ」

甘えた声を出すと男が私を抱え上げた。

「きょうは面白いもの持ってきたんだ」

「なに?大人のおもちゃ?」

「それはクセになるから俺はあまり好きじゃない。まあ気持ちよくなれるツールには変わりないけど」

男は私をベッドにおろすと、ネクタイを外した。

「ネクタイで縛るの?」

「はは、くしゃくしゃになっちゃうよ」

男はズボンのポケットをまさぐると小さな容器を取り出した。

旅行用の使い切りのフェイスクリームでも入っていそうな小さな容器だ。

「なあにそれ」

「すごく気持ちよくなれるクスリだよ」

「やだ…ヤバいものじゃないでしょうね」

「だったらどうする?」

私は逡巡した。

この男とベッドを共にするのは三回目だが相手のことはあまりよく分かっていない。

私は詮索が好きではない。

もしかしたらすごく危ない男なのかもしれない。

でも。

「いいわよ…」

学生の頃は「25歳くらいで結婚して2人子供を産む」なんて言ってた。

けれどひとりの男では我慢できない自分に気づいた。

危ない男に当たったとしてもしょうがない。

私が選んだのだ。

脚を拡げると男がその間に身体を進めてきた。

キャップを開けて容器の中身を取り出す。

男の指に半透明のジェルがたっぷりとついていた。

男はそれを私のクリトリスに塗りこめ始めた。

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 優しい社長のドS調教。溶かされた身体は玩具よりも…

    chiharu72398Views

  2. 女性をイカせるための機械開発

    夏野38234Views

  3. 高熱は媚薬

    月島満37700Views

  4. 官能表現を手に入れたいある漫画家の話

    AYA26897Views

  5. ただの地味OLだった私が、憧れの先輩の性奴隷になるまで…

    逢沢愛26306Views

  6. 私に怒ったセフレが押し倒してきた!帰してもらえない私は朝まで好きだと教えこまれ…

    夢咲 花笑25615Views

  7. 誕生日の彼に作ったケーキ。味変でケーキとクリームが私の体に乗せられて始まった女体盛り

    夢咲 花笑24157Views

  8. 勘違いな片思い

    月島満20475Views

  9. 優しいはずの上司にグイグイ迫られた私は、身も心も強引に暴かれる

    夢咲 花笑19910Views

  10. 1年半も彼氏が手を出してくれなくて自分からお誘い!甘く優しく解されてやっと一つになれた夜

    夢咲 花笑17573Views

最近のコメント

人気のタグ

クリトリス 愛撫 愛のあるSEX クンニ キス クリ責め ちょっと強引に 我慢できなくて 思わぬ展開 イキっぱなし 乳首責め 指挿れ 乳首 ラブラブ ベッド以外 働く女性 潮吹き いじわる 彼氏 言葉責め 胸きゅん フェラ 年上の男性 年下クン 挿入なし 好きな人 ちょっと過激に スリル 中出し OL

すべてのタグを見る