過去に見下していた男が身体の相性がバッチリで喘いでしまう私。

・作

自分の不貞が原因で離婚し慰謝料による借金返済の為に風俗店で働き、心身共に病む毎日…ある日、働く店に学生時代にからかっていた男がイケメンのエリートになって現れた。屈辱に耐えながら接客していたが…クライマックスで本番になったら誰よりも身体の相性がバッチリで仕事を忘れて夢中なってしまいました。

とある歓楽街…大衆ソープ店。

*****

「有難うございました。またのお越しをお待ちしています」

先程まで接客した男をお辞儀をして見送り、花…本名、田中美花は張った糸が切れたかのように脱力してあてがわれた個室のまだ情事の跡が残るベッドに寝転がった。

「疲れた…あぁ、もう死にたい」

田中美花が風俗嬢として働く事にななったきっかけは2ヶ月前に遡る…

*****

田中美花は大手企業の受付嬢として働き…後に若くして役員となった男と結婚して寿退社をしていた。
専業主婦として平穏に過ごしていたが、美花は行きつけのカフェの店長と不倫関係になった。
だが、美花の行動を怪しんだ夫によって不倫が露見して離婚…。

夫から、そして不倫相手も既婚者だった事から相手の妻からも慰謝料を請求されて実家からも勘当された。
一括で請求された為に手元にあった貯金だけでは到底足りず…借金をして元夫と相手の妻に慰謝料を支払った為に安いアパートに住み、借金返済の為に風俗で働く生活を送るようになった。

「はぁ…片付けなきゃ」
美花はまだ疲れが残る身体をゆっくり起こし、個室の掃除とゴミの片付け、備品の確認を始めた。

*****

翌日…いつもの様に出勤し、従業員に挨拶をして個室に入って待機をする。いつものルーティンだ。
いつもの様に待機をし、指名客、フリーの客にサービスをし…夜になった。
二人を相手にして疲れでボーッとベッドに座っていると…

ピリリリッ

部屋の内線が鳴り、美花は受話器を取った。

「はい、花です」

『あぁ、花さん。今、来店したお客様…フリーで花さんに付いて貰うので準備お願いします』

「わかりました」

内線を切り、美花は客を迎える準備をして部屋のドアの前で正座をして頭を深く下げた。

ガチャッ

「いらっしゃいませ、花です。宜しくお願い致します」

「その声…お前、田中美花か?」

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 満員電車で痴漢に遭い、そのまま公衆トイレで…

    黒子せな57850Views

  2. マッサージの施術中にいやらしく胸を揉まれ犯される

    黒子せな49670Views

  3. 官能小説を読んでいるのが男友達にバレました

    十月夏葵38754Views

  4. 大好きな彼氏に嫌われたくなくて、執事に頼んでエッチなレッスンはじめました。

    八代もも32167Views

  5. 別れた元カレの部屋で二人きり。心の中で彼女に謝りながら今夜だけの関係を求めたら…

    八代もも22458Views

  6. 止まらない振動に快楽堕ち

    天音澪莉19339Views

  7. 媚薬を盛られて仕方なくワンナイトのつもりだったのに…

    baisu18780Views

  8. 愛し合って、ぬくもりを。

    天音澪莉15018Views

  9. アプリで知り合った10歳年上の男性と初めての中イキ

    黒子せな13799Views

  10. 推しの彼と二人だけの秘密

    勝田13099Views

最近のコメント

人気のタグ

クリトリス クンニ 愛のあるSEX キス 愛撫 ちょっと強引に クリ責め 我慢できなくて 思わぬ展開 乳首 指挿れ イキっぱなし 乳首責め ラブラブ 働く女性 ベッド以外 潮吹き 彼氏 いじわる 胸きゅん フェラ 言葉責め 好きな人 中出し 年下クン 年上の男性 ちょっと過激に スリル OL 挿入なし

すべてのタグを見る