普段は優しい彼氏から拘束されて甘いお仕置き。イッてもイッてもやめてくれない!

・作

酔っ払って夜道を一人で歩いて帰ってきた私は、同棲している彼氏に「襲われたら危ないだろ」と真面目にお説教をくらってしまう。なんとなく素直になれなくて「いざとなったら振り切って逃げるくらい出来る」なんて言い返してしまった私は、そのまま彼氏にエッチなお仕置きをされてしまい…。

「ただいまぁ!春樹ー!会いたかっただいすきー!」

ベロベロに酔っ払っていい気持ちの私は、自宅の玄関の扉を開けてもらうなり、目の前の同棲中の彼氏である春樹に抱きついた。

「雪乃っ、大丈夫!?…さすがに飲み過ぎだろ!」

支えて貰って安心しきった私は、目を閉じて、春樹に支えられるままに身を委ねてしまう。

今日は久しぶりに大学時代の友達と集まって飲み会。

予想以上に楽し過ぎて、明日が休みなこともあり調子に乗った私は、普段飲まないお酒を飲みまくりはしゃぎまくり、こんな状態になってしまった。

「だから迎えに行くって言ったのに…」

「えへ、お散歩したい気分だったのー」

呆れ気味な春樹に肩を担がれながら歩かされて、ソファへ下ろされた。

「…え?お散歩?歩いて帰ってきたってこと?一人で?」

真面目なトーンでそう聞かれて、私はしまった…と思って口をつぐんだ。

仲間達と解散してからもハイテンションが抜けなくて、突然カロリー消費しなきゃ!と思い立ち、一駅分千鳥足で歩いて帰ってきたなんて…とても言えない。

「…えっとー」

「こんな時間に一人って、襲われたりしたら危ないだろ?」

結構本気のトーンでそう言いながら見つめられて、返す言葉が思いつかない。

「飲むのはいいけど、帰りはタクシー使うか、俺のこと呼んでっていつも言ってるだろ?一人で帰るのはマジでやめろって」

立て続けにそう言われて、なんだか意地になってしまう。

そりゃ…。テンションがおかしかったのもあるけど、春樹、最近忙しくて疲れてるだろうと思って、迷惑かけたくないと思ったんだもん。

「…大丈夫だよーそんなの。変質者なんか会ったことないし、いざとなったら振り切って逃げるくらい出来るし、心配しすぎー」

苦し紛れにそう言って、ソファーに横になって顔を伏せて、眠くなったフリをする。

と、暫くの沈黙の後に、大きめの溜息が聞こえてビクッとなった。

どうしよう。春樹本当に怒ってる。

春樹が立ち上がるのが分かって、愛想尽かされたのかなと不安になってしまう。

「怒んないで…」

そう言いながら顔を上げようとした瞬間、上に覆い被さられてドキッとしてしまった。

頬に張り付いた髪を退けられて、そっと唇を重ねられる。

「…んっ…」

口付けながら胸に触れられて、受け入れながらも戸惑ってしまう。

「っ…え…?今、するの?…んっ」

首筋に顔をうずめられて、チクッと吸われる刺激に身体が反応してしまう。

「あっ…跡つけちゃ…やだぁ…いっ…!」

耳を噛まれた感覚に、ビクッと身体が強張った。

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 出張の夜、優しいイケメン同期が豹変。強引な愛撫に溶かされて…

    chiharu57741Views

  2. 後輩に媚薬を盛られて、彼氏と後輩にめちゃくちゃにされちゃった

    夢咲 花笑48759Views

  3. エロボイス配信者なお隣さんとおねだりエッチ

    chiharu37305Views

  4. 夫との営みに不満を持っていた私。自分ばっかり気持ちよさそうな夫に腹が立って上になってみたら…!?

    夢咲 花笑28485Views

  5. 義兄の甘やかな執着。媚薬で溺れた私は義兄に処女を差し出した…

    chiharu25597Views

  6. 初恋の幼馴染からの告白。両思いの夜は甘くとろけて

    chiharu22306Views

  7. ロールキャベツ男子は二度美味しい

    十月夏葵21948Views

  8. 二度目の初体験

    月島満21088Views

  9. コスプレ女とカメラ男のちょっとした邂逅

    AYA20441Views

  10. 結構なお点前で

    十月夏葵20213Views

最近のコメント

人気のタグ

クリトリス 愛のあるSEX 愛撫 キス クリ責め クンニ ちょっと強引に 我慢できなくて 思わぬ展開 乳首責め イキっぱなし 指挿れ ラブラブ ベッド以外 乳首 働く女性 潮吹き いじわる 言葉責め 彼氏 胸きゅん フェラ 年下クン 年上の男性 挿入なし ちょっと過激に 好きな人 スリル えろい 中出し

すべてのタグを見る