意地っ張りな私

・作

学生時代の先輩後輩関係の二人、久し振りのデートで敏感な箇所をからかわれた「私」が、気持ちいいと認めてほしい先輩にローターで責められちゃうお話です。いつも優しい先輩が、えっちの時にはちょっとだけいじわるになって…。

 服の上からローターが乳首を潰すように振動する。くねる腰を跨ぐように先輩は両膝をついているから逃げられない。決定的な刺激じゃないからこそもどかしくて、ばたばたと脚を動かした。

「は…っあ、ん、あっ、やっ…」
「気持ちいい? 認めたら、やめてあげるけど」
「ううっ…ん、あ、だめ、挟まない、でっ、や、ぁっ」

 左右それぞれの乳首をいじめていたローターが右側に集中する。尖って服を押し上げていた乳首の先を挟まれて、がくがくと体が動く。声が大きくなって、逃げ出したくなるのに、認めるのが恥ずかしくて、言えない。言いたくない。
 眼を瞑ってやり過ごそうとする私を見透かしたのか、わざと胸元を近くで眺めていた先輩が顔を耳まで近づけてきた。耳朶に歯をかけながら、耳裏から首のあたりに熱い息を吐きかけられる。
 敏感な部分に直接触れられるよりもたまらない刺激に、また腰が跳ねた。

「あぁッ、や、は…んっ、うう、あっ、ひぁあん」
「ねえ、気持ちいいでしょ。はやく言っちゃいなよ」
「うう、う、あッ、やあ…ゆるして」
「そんなに嫌? 君が悪いんだよ。おっぱい弱いよねってなんとなく言っただけなのに、認めないから」
「弱くな、あッひゃあ」
「そうかなあ」
「あ、んゃっ、舐めないでぇっ」

 ローターを左右の先端にあてたまんま、右側の乳首の尖った部分を横から舐められてしまった。服の上、布越しの刺激。濡れた布が纏わりつく、不思議な感覚。普通に触られるよりもずっと気持ちいい。

「や…っぁ、あぁっ」

 こんなことになるなんて。

*****

 久しぶりのお家デート、二人でゆっくり過ごすと思っていた。
 お泊り用の部屋着に着替えていたから下着もなくて無防備な上半身を触られるだけでそういう気分になってしまって、後ろから胸を揉まれて自分からキスをした。すると先輩が『いっつもここ弄ると素直になっちゃって可愛いよね、気持ちいいんでしょ』なんて言うから、ついムキになってしまったのだ。

*****

「せん、ぱ…っも、や…」
「あぁ、直接触ってほしいの?」
「ちが、や、あァっあああっ…!」

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 優しい社長のドS調教。溶かされた身体は玩具よりも…

    chiharu66166Views

  2. 高熱は媚薬

    月島満40183Views

  3. 官能表現を手に入れたいある漫画家の話

    AYA28307Views

  4. ただの地味OLだった私が、憧れの先輩の性奴隷になるまで…

    逢沢愛28153Views

  5. 女性をイカせるための機械開発

    夏野27847Views

  6. 誕生日の彼に作ったケーキ。味変でケーキとクリームが私の体に乗せられて始まった女体盛り

    夢咲 花笑25640Views

  7. 聖女様のお仕事

    AYA22186Views

  8. 私に怒ったセフレが押し倒してきた!帰してもらえない私は朝まで好きだと教えこまれ…

    夢咲 花笑20999Views

  9. 凸凹カップルの朝のセックス

    夏野18551Views

  10. 10歳年下の少年野球のコーチに迫られ、久しぶりの快感に震えるシングルマザー

    ウスノワメビ18092Views

最近のコメント

人気のタグ

クリトリス 愛撫 愛のあるSEX クンニ キス クリ責め ちょっと強引に 我慢できなくて 思わぬ展開 乳首責め イキっぱなし 指挿れ 乳首 ラブラブ ベッド以外 働く女性 潮吹き いじわる 彼氏 言葉責め 胸きゅん フェラ 年上の男性 年下クン 挿入なし 好きな人 ちょっと過激に スリル 中出し OL

すべてのタグを見る