義兄に弱みを握られた私は、夫の出張中に…

・作

仕事の出張で夫が留守の間、パパ活でお小遣い稼ぎをしていた若妻・芽衣。ある夜、パパ活の現場を夫の兄である恵一に見られてしまい、夫には黙っていてやるからと肉体関係を迫られてしまう。夫との生活を手放したくない芽衣は、恵一から求められるままに体を許してしまい…

始まりは、冬の終わりの夜のこと。夫の不在時を見計らって、アプリやSNSで知り合った男性たち相手に『パパ活』をしていたときだった。繁華街で偶然にも義兄と鉢合わせ、私の愚行を見られてしまったのだ。後日こっそり呼び出された私は、義兄から肉体関係を迫られることになる。

「勇次には黙っていてやるから、ね?」

夫である勇次の双子の兄、恵一さん。一卵性双生児なので元の顔立ちはよく似ているはずだが、髪型や服装のせいか夫とは印象が違ってみえる。真面目で地味で堅そうな雰囲気の夫に対して、恵一さんは賑やかでお洒落で少し軽薄そうな見た目をしていた。

「芽衣さん、欲求不満? あいつは仕事忙しいし、芽衣さん若いもんね」

夫と私は12歳差の夫婦で、夫が36歳、私が24歳だ。独身時代に勤めていた派遣の仕事を辞めて、夫の希望で専業主婦をしている。恵一さんの言う通り、夫は仕事が多忙で出張も多かった。

「欲求不満とかじゃ、ないです。会ってる人たちと、性的なことはしていません。ただ、専業主婦なので…お小遣い、増やしたくて」
「勇次、金くれないの? あいつ稼いでるでしょ…あれか、いわゆるモラハラとか経済的DVみたいな?」

恵一さんの言葉を必死に否定して、私はしおらしく俯いた。家計は私に任せられており、経済的にも十分な余裕がある。ただ、お金を勝手に使うばかりでは後ろめたかったから、心を軽くしたかっただけで。

「それでパパ活なんだ。若い子の考えることって面白いね。でも芽衣さん可愛いから、稼げてるでしょ」
「そんな、全然…です」
「お金、欲しいならあげるからさ…会うたびにお小遣い。だから俺と、えっちなことありの『パパ活』してよ?」

夫との生活を手放したくなかった私は、恵一さんからの提案を飲むことしかできなかった。また日を改めて、とその日は別れて予定を合わせて。夫の次の出張を見計らって、自宅へ来てもらうことにした。

*****

「ンッ、ぁ…」
「いいなぁ勇次は、こんなにおっぱい大きな嫁がいてさ。芽衣さん、いつも勇次とどんなことしてるの?」
「ど、どんなって…普通、の…」

二人きりになるなり、恵一さんは私に抱きついてきて服を脱がし始めた。夫と夜を共にしている寝室はどうにも抵抗があったので、場所はリビングルーム。私の胸をもみしだく手は少し乱暴で、太腿には既に硬くなった男根が擦り付けられていた。

「もしかしてレス?」
「そんなこと、ないです…」
「子作りは? 結婚してそろそろ一年、でしょ?」
「し…してます、けど」

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 王様ゲームで4Pセックスしちゃった話

    まゆり76731Views

  2. 箱入り娘な私が、執事に調教されるなんて…

    甘乃実弥34332Views

  3. 眼鏡を取った彼は別人のように私を抱く

    甘乃実弥33607Views

  4. 子供扱いじゃなくて女扱いして

    十月夏葵32733Views

  5. マンションの隣に住む仲良し夫婦の秘密とは…

    まゆり31715Views

  6. 触手に自由を奪われて…終わりのない螺旋快楽

    天音澪莉29517Views

  7. 最後まで気づかれなかったら…ご褒美な?

    甘乃実弥26748Views

  8. おもちゃ好きの彼はが今日持ってきたのは、いつもと違って小さい電マだった

    夢咲 花笑21308Views

  9. 喰い付くケダモノ。

    16771Views

  10. 水泳のコーチはエッチな兄弟でした

    甘乃実弥13501Views

最近のコメント

人気のタグ

クリトリス クンニ 愛撫 愛のあるSEX キス クリ責め ちょっと強引に 我慢できなくて 思わぬ展開 指挿れ イキっぱなし 乳首責め 乳首 ラブラブ 働く女性 ベッド以外 潮吹き いじわる 言葉責め 彼氏 胸きゅん フェラ 年下クン 年上の男性 好きな人 ちょっと過激に 挿入なし スリル 中出し OL

すべてのタグを見る