可愛い年下彼氏と初エッチ…大人の余裕を見せるつもりがまさかの事態に!

・作

ずっと気になっていた可愛い年下の彼とついに結ばれる日が。でも恥ずかしいところを見られるなんて嫌だし、ここは大人の余裕を見せて…。と思っていたのに、なぜか逆に淫語をいっぱい言うはめに…。心を解放してエッチな自分を発見しちゃいました。

私は椅子に腰掛けて高鳴る鼓動を感じていた。

「香澄さん、大丈夫ですか?お茶でも飲みますか?」

「あ、うん。ありがとう」

気持ちを落ち着かせるために、彼に手渡されたルイボスティーを飲む。

「それにしても、信じられません。僕があの香澄さんとラブホテルにいるなんて」

向かいの椅子に腰掛けながらそう言う雄一君。

「…それはこっちのセリフだわ。あの雄一君と、こんなことになるなんて」

ほんの三時間前のことだ。

会社で帰り支度をしていた私の元に雄一君が現れてこう言った。

「こないだ話したお店、今日なら入れそうです。行きましょう!」

今年の春配属されてきた雄一君は私より三歳年下。

真面目な仕事ぶりと可愛らしい笑顔で、いつの間にか気になる存在になっていた。

いいなと思いながらもきっかけがなく、いつもオフィスで遠くから眺めるだけだった。

しかし飲み会で隣の席になった日、話をしてみるととんとん拍子に意気投合してしまい、今日はついに二人で食事。

酔った勢いで私の気持ちを伝えると、なんと彼のほうも以前から私のことを好きだったというのだ。

嬉しさで胸がいっぱいになる

勢いに任せて、いけるところまでいってしまおう。

そしてやってきたラブホテル。

とうとう雄一君と結ばれるんだ。

潤んだ瞳で雄一君を見つめると、彼はごくりと唾を飲んだように見えた。

そしてそのまま、私たちは抱き合い、私は雄一君に押し倒される形でベッドに仰向けになった。

何度もキスをされ、彼の手が私のバスローブの胸元に入る。

指先が胸に触る。

その感触に、私は軽く身じろぎして、はあ…と息を漏らした。

雄一君が私の首元に顔を埋めた。

そのまま私のうなじに舌を這わせてくる。

「んっ、んん…はあっ…」

重さと体温が、とても心地いい。

身体の力を抜いた私の顔を愛おしそうに見つめてくる雄一君。

バスローブを完全に脱がされて、下着の中に手を入れられた。

優しい手つきでアソコを撫でられる。

身体が跳ねそうになるのを必死で堪えた。

こんなに乱れるところを雄一君に見られるなんて、恥ずかしすぎる。

年上の女としての落ち着きを見せたい。

そう考えていた。

雄一君の指が私の割れ目の中に入り、アソコの入り口を撫でる。

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 出張の夜、優しいイケメン同期が豹変。強引な愛撫に溶かされて…

    chiharu62895Views

  2. 後輩に媚薬を盛られて、彼氏と後輩にめちゃくちゃにされちゃった

    夢咲 花笑43413Views

  3. エロボイス配信者なお隣さんとおねだりエッチ

    chiharu35187Views

  4. 夫との営みに不満を持っていた私。自分ばっかり気持ちよさそうな夫に腹が立って上になってみたら…!?

    夢咲 花笑34428Views

  5. 初恋の幼馴染からの告白。両思いの夜は甘くとろけて

    chiharu27263Views

  6. 評判のマッサージ店に行ったらイケメンの店員さんにクリトリスを丁寧にマッサージされちゃった。

    九条リオ22132Views

  7. 結構なお点前で

    十月夏葵20293Views

  8. 二度目の初体験

    月島満19998Views

  9. コスプレ女とカメラ男のちょっとした邂逅

    AYA19949Views

  10. ロールキャベツ男子は二度美味しい

    十月夏葵19716Views

最近のコメント

人気のタグ

クリトリス 愛のあるSEX 愛撫 キス クリ責め クンニ ちょっと強引に 我慢できなくて 思わぬ展開 乳首責め イキっぱなし 指挿れ ラブラブ ベッド以外 乳首 働く女性 潮吹き いじわる 言葉責め 彼氏 胸きゅん フェラ 年下クン 年上の男性 挿入なし ちょっと過激に 好きな人 スリル えろい 中出し

すべてのタグを見る