俺がお前を買った

・作

俺はヤクザの若衆をやっている。ある日、部下と行った風俗で好みの顔をしたかわいらしい女、咲(さき)と出会った。俺は女を道具として扱うのは好きではないが、即決で彼女を買い、自分のそばに置いておくことにした。

「おう、お前ら。今日は奢りだ。好きなだけ遊んで来い」

俺は地方のとあるケツモチの風俗にやってきていた。

借金のカタの取り方をどうすればいいか、頭に相談したところ「好きなだけ遊んで来い」と一言言われたからだ。

俺はどちらかといえば、女で遊ぶのは好きなほうではない。

ただし、自分の部下はそうではない。そのため、仕事としてここにやってきていた。

「アニキ、一番の上玉はアニキがどうぞとのことです」

俺は「…ああ」と一言返し、黒服に部屋へと案内されていった。

*****

部屋に案内されて、扉を開くとそこには儚げな女性が一人、座っていた。

目は切れ長で、どこか憂いを帯びた女だった。

一目ぼれ、だった。

「…おい黒服」

「はい、なんでしょう!」

「いくらだ」

「はいい!借金はええとひい、ふう、…」

何を勘違いしたのかみかじめの不足金額を数え始めた男の言葉を遮るように、「こいつがいくらだったら買えるかって聞いてんだよ!」

と俺は思わず声を上げる。

数か月分のみかじめ分の金額を提示されたが、安いもんだった。

「おら、貰っていくぞ。借金のカタにな」

*****

そうして俺はそのまま部下たちが帰ってきた後、車を走らせ自宅に帰る。

自らの部屋に女を連れてきて、一言聞く。

「テメェ、名前なんつぅんだ」

「…咲」

彼女は一つ名前だけ答えると、俺から距離を取り、警戒するような目でこちらを見た。

「…俺はお前が気に入った。だから、お前を買った。それがどうした」

「怖いに、決まってるじゃん。ヤクザって、怖いイメージしかないの…」

「…そうか」

俺は彼女のほうに近寄っていく。彼女は常に怯えていて、こちらを恐怖の対象と言わんばかりの目で見つめる。

俺はそっとかがみ、彼女の頭をなでる。

「お前の人生のこと、ちったぁ聞かせてくれや」

咲は豆鉄砲を食らったかのような顔をすると、少しずつ落ち着き、口を開き始めた。

生まれは普通の家庭で、恋人に騙されて借金のカタにあの場所に売られた。昔の友人がヤクザにめちゃくちゃにされたこと。

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 優しい社長のドS調教。溶かされた身体は玩具よりも…

    chiharu64180Views

  2. 高熱は媚薬

    月島満42370Views

  3. ただの地味OLだった私が、憧れの先輩の性奴隷になるまで…

    逢沢愛29972Views

  4. 10歳年下の少年野球のコーチに迫られ、久しぶりの快感に震えるシングルマザー

    ウスノワメビ28274Views

  5. 聖女様のお仕事

    AYA27813Views

  6. 誕生日の彼に作ったケーキ。味変でケーキとクリームが私の体に乗せられて始まった女体盛り

    夢咲 花笑27264Views

  7. 官能表現を手に入れたいある漫画家の話

    AYA22957Views

  8. 凸凹カップルの朝のセックス

    夏野20460Views

  9. 女性をイカせるための機械開発

    夏野19922Views

  10. 私に怒ったセフレが押し倒してきた!帰してもらえない私は朝まで好きだと教えこまれ…

    夢咲 花笑18542Views

最近のコメント

人気のタグ

クリトリス 愛撫 愛のあるSEX クンニ キス クリ責め ちょっと強引に 我慢できなくて 思わぬ展開 乳首責め イキっぱなし 指挿れ 乳首 ラブラブ ベッド以外 働く女性 潮吹き いじわる 彼氏 言葉責め 胸きゅん フェラ 年下クン 年上の男性 挿入なし ちょっと過激に 好きな人 スリル 中出し OL

すべてのタグを見る