俺がお前を買った

・作

俺はヤクザの若衆をやっている。ある日、部下と行った風俗で好みの顔をしたかわいらしい女、咲(さき)と出会った。俺は女を道具として扱うのは好きではないが、即決で彼女を買い、自分のそばに置いておくことにした。

「おう、お前ら。今日は奢りだ。好きなだけ遊んで来い」

俺は地方のとあるケツモチの風俗にやってきていた。

借金のカタの取り方をどうすればいいか、頭に相談したところ「好きなだけ遊んで来い」と一言言われたからだ。

俺はどちらかといえば、女で遊ぶのは好きなほうではない。

ただし、自分の部下はそうではない。そのため、仕事としてここにやってきていた。

「アニキ、一番の上玉はアニキがどうぞとのことです」

俺は「…ああ」と一言返し、黒服に部屋へと案内されていった。

*****

部屋に案内されて、扉を開くとそこには儚げな女性が一人、座っていた。

目は切れ長で、どこか憂いを帯びた女だった。

一目ぼれ、だった。

「…おい黒服」

「はい、なんでしょう!」

「いくらだ」

「はいい!借金はええとひい、ふう、…」

何を勘違いしたのかみかじめの不足金額を数え始めた男の言葉を遮るように、「こいつがいくらだったら買えるかって聞いてんだよ!」

と俺は思わず声を上げる。

数か月分のみかじめ分の金額を提示されたが、安いもんだった。

「おら、貰っていくぞ。借金のカタにな」

*****

そうして俺はそのまま部下たちが帰ってきた後、車を走らせ自宅に帰る。

自らの部屋に女を連れてきて、一言聞く。

「テメェ、名前なんつぅんだ」

「…咲」

彼女は一つ名前だけ答えると、俺から距離を取り、警戒するような目でこちらを見た。

「…俺はお前が気に入った。だから、お前を買った。それがどうした」

「怖いに、決まってるじゃん。ヤクザって、怖いイメージしかないの…」

「…そうか」

俺は彼女のほうに近寄っていく。彼女は常に怯えていて、こちらを恐怖の対象と言わんばかりの目で見つめる。

俺はそっとかがみ、彼女の頭をなでる。

「お前の人生のこと、ちったぁ聞かせてくれや」

咲は豆鉄砲を食らったかのような顔をすると、少しずつ落ち着き、口を開き始めた。

生まれは普通の家庭で、恋人に騙されて借金のカタにあの場所に売られた。昔の友人がヤクザにめちゃくちゃにされたこと。

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. マッサージの施術中にいやらしく胸を揉まれ犯される

    黒子せな55675Views

  2. 会社のためのラブドール。優しい痛みに壊されて…。

    天音澪莉45326Views

  3. 淡白だと思っていた彼氏が一人でシてて…

    十月夏葵35634Views

  4. 大好きな彼とのセックスが淡白すぎて、一人エッチにはまってしまった私

    八代もも30573Views

  5. いつもと違う幼馴染から愛される夜

    勝田23876Views

  6. 満員電車で痴漢に遭い、そのまま公衆トイレで…

    黒子せな22982Views

  7. 裏垢女子~ヒミツもカラダも暴かれて~

    青海なぎ22723Views

  8. 弱みを握られた義父に無理やり犯される

    黒子せな20222Views

  9. とってもタイプの配達のお兄さんに出逢ってしまい、誘惑してママから隠れてクローゼットでイチャイチャする話

    八代もも17155Views

  10. 夫に相手にされない私が勇気を出して快楽の園を訪ねる話。

    猫猫にゃん17131Views

最近のコメント

人気のタグ

クリトリス クンニ 愛のあるSEX ちょっと強引に キス 愛撫 クリ責め 我慢できなくて 思わぬ展開 乳首 指挿れ 乳首責め イキっぱなし ラブラブ 働く女性 ベッド以外 潮吹き 彼氏 いじわる 胸きゅん フェラ 言葉責め 中出し 好きな人 年下クン 年上の男性 ちょっと過激に スリル OL 挿入なし

すべてのタグを見る