浸食~ゆるやかに沈む~

・作

私は体を売ることで食いつないでいる惨めな風俗嬢だ。ある日、新規の客の指名とのことでやって来たのは「昴(すばる)」と名乗る穏やかそうな印象の、優しい態度で接してくる男だった。どうして優しくしてくれるのか分からない。けど少しずつ、彼の言葉に私は沈んでいく。

「あ、どうも。初めまして」

今日の客は爽やかそうな印象を受ける青年だった。

私はただの娼婦。体を売って、生きるためだけにこの仕事をやっている。

押し付けられた借金、惨めな人生。それでも死ぬ勇気はない。そんな自分が嫌でたまらなかった。

今日の客は新規なのに、かなりのお金をもって私を指名してきたと聞いた。

一体どんなアホな男なんだろうと思えば、想像とは違い整った顔をした若い男だった。

「昴、って呼んでくれればいいよ」

男ははにかんでそう言った。

「それで、昴さんはどんなプレイがお好みなの?」

私がそう皮肉まじりに言えば、彼は微笑んで優しく私に口づけを始める。

ちゅっ、ちゅっ、彼はわざとらしくリップ音を立てる。昴はこういった趣を重視する男なんだなあと思った。

「っ…んんっ…ふぁ…っ」

だから私もわざとらしく声を上げて見せる。

「んんっ、いいね…」

彼はそう言うと、唇を離す。

「そうだなぁ、君は僕の欲しているものに答えてくれるいい子なんだね」

昴はにこりと笑って頭を突然撫でてきた。

…今までの客で、こんなに優しいことをする人は初めてだった。私は驚きを隠せない。

「僕は君が痛い思いや嫌な思いをしながら行為をするのは嫌なんだ…。だから、僕の言う通りにしてくれればいいよ」

信用していいのかわからない。けれど、私は自然とこの男の優しい言葉に頷いていた。

*****

彼は私に全てを見せることを望んだ。

「ありのままの君の姿を見せてよ」

彼は私の腕を痛くない程度に縛り、脚を開くようにと言った。

どうしてだろう。この人の言葉に従いたくなってしまうのは。

そうか、この人の言葉は、優しくて、信頼できるんだ。

「そう、あぁ、恥ずかしい姿勢だね。下の口がよぉく見える」

にこにこと微笑みながら言う彼に、思わず私はムッとした顔をしてしまう。

「ごめん、ごめん。でも、つい」

彼は私をそのままベッドに座らせると、向かいに立つ。私がベッドに座りながら脚を開き、彼が立ったまま挿入するという姿勢だ。

「よく見えるでしょ?僕の顔も、繋がっている様子も…」

少しずつ、彼の言葉に自分の心が解きほぐされる感覚を感じていた。この人に身を任せたい。この人の言葉で、蕩けさせられたい――。

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 満員電車で痴漢に遭い、そのまま公衆トイレで…

    黒子せな56612Views

  2. マッサージの施術中にいやらしく胸を揉まれ犯される

    黒子せな46467Views

  3. 官能小説を読んでいるのが男友達にバレました

    十月夏葵37954Views

  4. 大好きな彼氏に嫌われたくなくて、執事に頼んでエッチなレッスンはじめました。

    八代もも35235Views

  5. 別れた元カレの部屋で二人きり。心の中で彼女に謝りながら今夜だけの関係を求めたら…

    八代もも21816Views

  6. 媚薬を盛られて仕方なくワンナイトのつもりだったのに…

    baisu21293Views

  7. 止まらない振動に快楽堕ち

    天音澪莉20118Views

  8. 愛し合って、ぬくもりを。

    天音澪莉14679Views

  9. アプリで知り合った10歳年上の男性と初めての中イキ

    黒子せな13912Views

  10. 推しの彼と二人だけの秘密

    勝田12836Views

最近のコメント

人気のタグ

クリトリス クンニ 愛のあるSEX キス 愛撫 ちょっと強引に クリ責め 我慢できなくて 思わぬ展開 乳首 指挿れ イキっぱなし 乳首責め ラブラブ 働く女性 ベッド以外 潮吹き 彼氏 いじわる 胸きゅん フェラ 言葉責め 好きな人 中出し 年下クン 年上の男性 ちょっと過激に スリル OL 挿入なし

すべてのタグを見る