発情期のうさちゃんは好きですか?

・作

私はお金目当てで風俗でアルバイトをしている。というのはあくまで表向きの理由で、本当はもめて別れてしまった元カレ、圭太(けいた)への思いをごまかすためである。今日は店のコスプレデーで、バニ―ガールのコスチュームを身に着けていたのだが、そんなところに客としてまさかの圭太がやってきて…?

私はお金目的で、仕事の終わりに隣町の風俗でアルバイトをしている。

といっても、直接的な行為は基本的にNG。

まあ、やりたい人はやってるけど無理矢理やろうとした場合はブラックリスト行きになる。

そのため、安心しながら仕事もできるし、雇い主もいろいろと気を使ってくれる人のため、私もかれこれしばらくここでの仕事を続けることができている。

しかし、私にも憂鬱な日が月に一度やってくる。

それが「コスプレデー」だ。

うちのオーナーはコスプレ衣装の収集が趣味で、自分では着れないので風俗嬢たちにくじを引かせて引いた衣装を着させるのだ。

そして今回、私が引き当てたのは「バニーガールちゃん(セクシー)」だった。

オーナーは「おっ!いいの引いたね~、それ最新のモデルなんだ」と嬉しそうだったが、衣装を見てみるとかなり際どい、露出の激しいバニーガールのコスプレだった。

*****

「今日新規さん一人入ってるからよろしくね~」

「はーい、了解です。オーナー」

私は二つ返事で接客に向かう。

オーナーの趣味もあり、うちはスタッフの人数は少なめで、丁寧な接客ができるように仕切られた部屋での接客を行うスタイルの店だ。

私は部屋で自分の衣装を見ながら一つため息をついた。

からんからん、扉につけられた鈴が音を立てる。

「どうぞー」私はその姿を見て、絶句した。

「…あっ」

そう声を漏らしたのは圭太、私の元カレだった。

*****

私がここでバイトを始めた本当の理由は、彼とのことを引きずっていたからだ。

面接でその話をぽろっとしてしまったところ、オーナーが同情してくれて、採用されたのだ。

「えっ…なんで、ここに」

「それはこっちの台詞なんだけど…」

お互い無言の時が続いた。

そしてそれを遮るようにして、圭太がこっちに近づいてくると、前のように私を押し倒してきた。

「それにしても、エロいな。その服」

「…っ、なにっ、よっ!」

圭太の目は明らかに昔みたいに肉食獣のような目をしており、私は諦めて彼を受け入れるしかなかった。

いや、本心は彼を求めていたのだけれど。

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 優しい社長のドS調教。溶かされた身体は玩具よりも…

    chiharu64313Views

  2. 高熱は媚薬

    月島満42412Views

  3. ただの地味OLだった私が、憧れの先輩の性奴隷になるまで…

    逢沢愛30005Views

  4. 10歳年下の少年野球のコーチに迫られ、久しぶりの快感に震えるシングルマザー

    ウスノワメビ28382Views

  5. 聖女様のお仕事

    AYA27867Views

  6. 誕生日の彼に作ったケーキ。味変でケーキとクリームが私の体に乗せられて始まった女体盛り

    夢咲 花笑27270Views

  7. 官能表現を手に入れたいある漫画家の話

    AYA22967Views

  8. 凸凹カップルの朝のセックス

    夏野20490Views

  9. 女性をイカせるための機械開発

    夏野19943Views

  10. 私に怒ったセフレが押し倒してきた!帰してもらえない私は朝まで好きだと教えこまれ…

    夢咲 花笑18577Views

最近のコメント

人気のタグ

クリトリス 愛撫 愛のあるSEX クンニ キス クリ責め ちょっと強引に 我慢できなくて 思わぬ展開 乳首責め イキっぱなし 指挿れ 乳首 ラブラブ ベッド以外 働く女性 潮吹き いじわる 彼氏 言葉責め 胸きゅん フェラ 年下クン 年上の男性 挿入なし ちょっと過激に 好きな人 スリル 中出し OL

すべてのタグを見る