年上のご主人様

・作

私は20歳以上も年上の“おじさま”に仕えるメイドの一人だ。おじさまは私に紳士的に接してくれ、徐々に心が惹かれていき、お付き合いを開始した。今までキス以上のことはしたことがなかったが、今夜、おじさまに呼び出され、ついにその時が来たと確信した――。

「おじさま、お茶が入っておりますよ」

「ああ、いつもありがとう。君は本当に私の好みをわかっている」

私とおじさまのやり取りは朝の一杯の紅茶から始まる。

おじさまは俗にいう大企業の社長であり、そろそろ40代の後半に差し掛かる。

一方、私は成人して間もない歳だ。

そんな私とおじさまだけど、実はお付き合いをしている。

きっかけは、おじさまのやさしさに少しずつ惹かれていった私がいたからだ。

おじさまは独身で、「私のようなオヤジを相手にする女の人もいないだろう。私も、お金だけを目当てにする人と付き合いたいとは思わないんだ」と昔から言っていた。

おじさまは使用人の私にもとてもやさしい人だった。

私が紅茶をこぼしてしまったり、大切なアンティークに傷をつけてしまった時も、まず第一に私のことを心配してくれた。

「よかった、君が怪我をしなくて」

そう笑ってくれるおじさまのことを、私は好きになった。

そうして、告白した。

おじさまは少し驚いた様子だったけれど、「こんなオジサンでいいなら」と一言、笑って私のことを受け入れてくれた。

*****

ある日、おじさまが照れくさそうに私に声をかけてきた。

「夜、一緒に寝てほしいんだ」

間接的な言葉ではあったが、おじさまの願い事は理解できた。

今まで私とおじさまは二人でデートとして、美術館に行ったりカフェに行ったり、食事をしたりはした。

けれど、おじさまは照れ臭そうに口付けをして、手をつなぐ以上のことはしなかった。

私はどきどきとした胸を押さえながら、「わかり、ました」と頷いた。

*****

そうして夜が来た。私は仕事を終え、おじさまの部屋の扉をたたく。

おじさまは「ありがとう、来てくれて」というと、私をやさしく部屋に招き入れて、紅茶を入れてくれた。

いつもの茶葉だ。

「落ち着くかい?」

「ありがとうございます」

「ありがとう、でいいよ。君は恋人なんだから」

私はどきどきとしながら、おじさまに抱き着いて、私からキスをして見せた。

照れくさそうなおじさまの顔が、かわいくて、私はそのままベッドへと駆けていった。

 

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 優しい社長のドS調教。溶かされた身体は玩具よりも…

    chiharu64170Views

  2. 高熱は媚薬

    月島満42367Views

  3. ただの地味OLだった私が、憧れの先輩の性奴隷になるまで…

    逢沢愛29971Views

  4. 10歳年下の少年野球のコーチに迫られ、久しぶりの快感に震えるシングルマザー

    ウスノワメビ28269Views

  5. 聖女様のお仕事

    AYA27807Views

  6. 誕生日の彼に作ったケーキ。味変でケーキとクリームが私の体に乗せられて始まった女体盛り

    夢咲 花笑27264Views

  7. 官能表現を手に入れたいある漫画家の話

    AYA22957Views

  8. 凸凹カップルの朝のセックス

    夏野20460Views

  9. 女性をイカせるための機械開発

    夏野19921Views

  10. 私に怒ったセフレが押し倒してきた!帰してもらえない私は朝まで好きだと教えこまれ…

    夢咲 花笑18541Views

最近のコメント

人気のタグ

クリトリス 愛撫 愛のあるSEX クンニ キス クリ責め ちょっと強引に 我慢できなくて 思わぬ展開 乳首責め イキっぱなし 指挿れ 乳首 ラブラブ ベッド以外 働く女性 潮吹き いじわる 彼氏 言葉責め 胸きゅん フェラ 年下クン 年上の男性 挿入なし ちょっと過激に 好きな人 スリル 中出し OL

すべてのタグを見る