マッチングアプリで美味しいやつを引きました。

・作

麗香は28歳のOL。退屈しのぎにいちごというアカウント名でマッチングアプリをやっている。そこで出会ったトシキという青年。美青年で無口な彼に興味がわく麗香だったが、シャツを脱いだトシキの背中にはびっしりと刺青が彫ってあって…!

 ホテルに着くなり「トシキ」は背広をさっさと脱ぎ始めた。

いくらマッチングアプリで出会ったとはいえガツガツしすぎではないのだろうか。

夕食が串カツ屋なのは燃えたが。

入っては見たかったが女一人では抵抗があったところで、串カツ屋に誘われた時にはトシキが画像と同じイケメンなことよりも燃えたものだ。

トシキは「いちごさんおいしそうだな」と会ってひとこと言っただけだ。

ちなみにいちごは彼女のアカウント名。本名はまたあとで。

なおその一言以降ほぼ口をきいていない。

どうせマッチングアプリで出会った男と女がやることなんてひとつ。

カッターシャツを脱ぐトシキの背中をぼんやりと見ながらそんなことを考えるいちごだった。

 (さてここで、いちごの本名は麗香である。大げさな名前で大嫌いだ。

年齢は28。アプリでは24にしておいた。

むかーし女の賞味期限は24までということばがあったそうだ。

令和の価値観から考えればあまりにもあまりな話だが…。

28才と24才では申し込んでくる男の数が違うのも令和ですら、なのだ)

 とりあえずいちごこと本名麗香は、シャツをさっさと脱ぐトシキに対して自分もちゃっちゃとシャワーを済ませて臨戦態勢になるべきではないか、とか、そういやトシキは脱衣所でなくここで脱ぐんだろうとか、シャワー浴びないのか、などまたごたごた考えていた。

「…え?」その次の瞬間いちごこと麗香は声を上げた。

 トシキの背中には見事な刺青が一面に彫りこんであったのだ。

「ちょっと待って。トシキってそっちのひとなの?」

「そっちか。そっち、だなあ」

ぼそっとトシキが答えた。

「ひえ~びっくりした」

「怖くないのか」

「怖い怖くないというなら怖いわよ。それにそういう、なんていうのトシキみたいな人たちは素人は相手にしないし。…するときは」

え、あたしやばいんじゃない?ちょっとこれはやばいにおいがするわ。かなりするわ。

無理やり女にされるコースからの風俗堕ちエンドなんじゃない?

 「あの、あたしそろそろ」

 「俺は玄人おんなが苦手なんだ。おもちゃにされちまう」

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 満員電車で痴漢に遭い、そのまま公衆トイレで…

    黒子せな57813Views

  2. マッサージの施術中にいやらしく胸を揉まれ犯される

    黒子せな49607Views

  3. 官能小説を読んでいるのが男友達にバレました

    十月夏葵38745Views

  4. 大好きな彼氏に嫌われたくなくて、執事に頼んでエッチなレッスンはじめました。

    八代もも32165Views

  5. 別れた元カレの部屋で二人きり。心の中で彼女に謝りながら今夜だけの関係を求めたら…

    八代もも22440Views

  6. 止まらない振動に快楽堕ち

    天音澪莉19332Views

  7. 媚薬を盛られて仕方なくワンナイトのつもりだったのに…

    baisu18778Views

  8. 愛し合って、ぬくもりを。

    天音澪莉15013Views

  9. アプリで知り合った10歳年上の男性と初めての中イキ

    黒子せな13792Views

  10. 推しの彼と二人だけの秘密

    勝田13093Views

最近のコメント

人気のタグ

クリトリス クンニ 愛のあるSEX キス 愛撫 ちょっと強引に クリ責め 我慢できなくて 思わぬ展開 乳首 指挿れ イキっぱなし 乳首責め ラブラブ 働く女性 ベッド以外 潮吹き 彼氏 いじわる 胸きゅん フェラ 言葉責め 好きな人 中出し 年下クン 年上の男性 ちょっと過激に スリル OL 挿入なし

すべてのタグを見る