わたしはビッチ

・作

誰とでも関係を持ってしまう私、美波は「ビッチ卒業!」と決意する。しかし、ナンパしてきたのが好みの男性で決意が揺らいでしまう。気さくで面白い彼、太郎に心を許し、車に乗り込むと向かった先は海だった。海の駐車場でキスされて…拒んだ美波だったがその後はいったい…!?

「はぁ…またやっちゃった…」

断れない性格の私は、誘われると付いて行ってしまう。

食事や飲み、ホテルにも行ってしまうのだ。

そして終わると必ず後悔する。

今日も私は自己嫌悪に陥りながら、後悔と反省をしていた。

「なんで私は断れないの?ほんと自分が嫌になる…もう絶対に流されない!ビッチ卒業!」

*****

あれから1週間、男性に誘われても断り続けた私。

「私、やればできるじゃん!」

1週間に1度は誰かとセックスをしていたビッチな私が、こんなに誘いを断り続けるなんて、すごい進歩だと自分を褒める。

このままいけば、本当に変われるかも…!

しかしその思いは脆くも崩れた。

仕事帰りにナンパをされた。

「お姉さん、今暇ですか?」

後ろから声を掛けられたが無視した。

「お姉さん、シカトしないでよ」

私の前に出てくる男性。

「ちょっ、しつこ…ッ!」

男性の顔を見ると私好みの今風イケメンで、カッコよすぎて言葉を失った。

「やっと止まってくれたぁ!お姉さんにシカトされて軽くショックだったわ。お姉さん、仕事帰り?」

「え、あ、うん…」

「これから暇?」

「うん…え?あ、ちがっ…」

「暇ね!じゃあちょっと付き合って!」

「えっ!ちょっと待っ…」

腕をぐいぐい引っ張られ、ケーキ屋さんに入っていく。

「なんでここに…?」

「俺、甘いの好きなんだけど、こういうところって1人じゃ来づらいし、女の人となら自然に入れるでしょ?」

この人はケーキが食べたいために、私をナンパしたの?

おかしくて笑ってしまった。

「プハッ!あなたおもしろいね」

「男がケーキ好きってバカにしたろ!それと俺の名前は太郎!太郎でも太郎ちゃんでも好きに呼んで」

「太郎?それ偽名でしょ」

すると彼は身分証を見せてきた。

正真正銘、太郎だったことにまたしても笑ってしまった。

「おい、笑うなよ!俺はこの名前気に入ってるんだから!」

「ごめん、ごめん。私の周りにいない名前だからさ。私の名前はみなみ、よろしくね」

「みなみ?いい名前だね。漢字はどう書くの?」

「美しいに波で美波だよ。うちの両親、海が好きだったみたい」

「なんかロマンチックだな!俺、弟いるんだけど、次郎って言うんだ」

「ププッ…マジ?太郎に次郎?ごめん、笑いが堪えきれない…!」

「いいよ…好きなだけ笑ってくれよ…」

私はツボに入り、涙が出るほど笑っていた。

こんなに笑ったのは久しぶり。

初対面とは思えないくらい楽しくて、太郎ともっと話したいと心から思った。

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 満員電車で痴漢に遭い、そのまま公衆トイレで…

    黒子せな57780Views

  2. マッサージの施術中にいやらしく胸を揉まれ犯される

    黒子せな49500Views

  3. 官能小説を読んでいるのが男友達にバレました

    十月夏葵38742Views

  4. 大好きな彼氏に嫌われたくなくて、執事に頼んでエッチなレッスンはじめました。

    八代もも32144Views

  5. 別れた元カレの部屋で二人きり。心の中で彼女に謝りながら今夜だけの関係を求めたら…

    八代もも22431Views

  6. 止まらない振動に快楽堕ち

    天音澪莉19327Views

  7. 媚薬を盛られて仕方なくワンナイトのつもりだったのに…

    baisu18771Views

  8. 愛し合って、ぬくもりを。

    天音澪莉15002Views

  9. アプリで知り合った10歳年上の男性と初めての中イキ

    黒子せな13775Views

  10. 推しの彼と二人だけの秘密

    勝田13093Views

最近のコメント

人気のタグ

クリトリス クンニ 愛のあるSEX キス 愛撫 ちょっと強引に クリ責め 我慢できなくて 思わぬ展開 乳首 指挿れ イキっぱなし 乳首責め ラブラブ 働く女性 ベッド以外 潮吹き 彼氏 いじわる 胸きゅん フェラ 言葉責め 好きな人 中出し 年下クン 年上の男性 ちょっと過激に スリル OL 挿入なし

すべてのタグを見る