気持ちのない性生活を癒やしてくれたのはあなただった

・作

自分本位で前戯すらないセックスをする夫に、身も心も満たされないあきこ。そんな時は図書館で好きな本を読む。ある日、本を借りたのに図書館に忘れてしまうあきこ。取りに行くと、閉館しているのにあきこを待つ男性スタッフがいて…!?

私の夫は40歳にして性欲が強い。

結婚して12年になるというのに週に3回はセックスをしている。

拒みたくても拒んだらケンカになりそうで、誘われると我慢してでもセックスをする。

性欲がないわけじゃないし、セックスが嫌いなわけでもない。

夫のセックスは求めてくるくせに淡白で、自分本位だ。

自分が気持ちよければそれでいいと思ってる。

前戯なしの挿入なんてあたり前。

気持ちなんて何もこもっていない。

感じるセックスをしたのはいつが最後だろう。

思い出せない…。

*****

夫とセックスをした翌日は、本を読みに近くの図書館へと足を運ぶ。

身も心も満たされなくてモヤモヤするからだ。

私は本が好きで、読んでいると心が穏やかになる。

集中できるし、嫌なことを忘れられる。

そして何より図書館の静かな空間がとても好きなのだ。

図書館で本を読んだあと、最後に本を借りていく。

週に何度も来ているので、1人の男性スタッフと仲良くなった。

仲がいいといっても、本について少し話す程度だけど。

この日も借りた本に対して

「この本、俺も読みました!かなり面白いですよ。主人公が最後に…」

「いわないで!」

「あっ!失礼しました…」

フフッと笑ってしまった。

この男性スタッフは20代後半くらいだろうか。

整った顔立ちに眼鏡が映える。

真面目そうに見えて、話すと人懐っこくて笑顔が可愛くて、年甲斐もなく胸がキュンとしてしまう。

10歳くらい年下の子にときめいてどうするの!って思うけど、その子と話すのが楽しみになってる自分がいる。

浮気してるわけじゃないし、それくらいいいよね…?

帰る前にお手洗いに行こうと思って、借りた本は一旦机の上に置いた。

しかし、本を忘れて帰ってしまった私。

気づいた頃には閉館時間を過ぎてしまっていた。

急いで図書館に戻ると、閉まっていると思ったがドアは開いていた。

電気も点いていたが、いつにも増して静まり返っていた。

誰もおらず、スタッフも見当たらない。

「し、失礼しまーす…」

本を置いた机に向かう。

しかし本はなくなっていた。

片されてしまったのかと諦めて帰ろうとした時、

「お探しものはこれですか?」

そこには眼鏡の男性スタッフがいた。

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 優しい社長のドS調教。溶かされた身体は玩具よりも…

    chiharu72403Views

  2. 女性をイカせるための機械開発

    夏野38238Views

  3. 高熱は媚薬

    月島満37700Views

  4. 官能表現を手に入れたいある漫画家の話

    AYA26897Views

  5. ただの地味OLだった私が、憧れの先輩の性奴隷になるまで…

    逢沢愛26306Views

  6. 私に怒ったセフレが押し倒してきた!帰してもらえない私は朝まで好きだと教えこまれ…

    夢咲 花笑25619Views

  7. 誕生日の彼に作ったケーキ。味変でケーキとクリームが私の体に乗せられて始まった女体盛り

    夢咲 花笑24161Views

  8. 勘違いな片思い

    月島満20475Views

  9. 優しいはずの上司にグイグイ迫られた私は、身も心も強引に暴かれる

    夢咲 花笑19910Views

  10. 1年半も彼氏が手を出してくれなくて自分からお誘い!甘く優しく解されてやっと一つになれた夜

    夢咲 花笑17573Views

最近のコメント

人気のタグ

クリトリス 愛撫 愛のあるSEX クンニ キス クリ責め ちょっと強引に 我慢できなくて 思わぬ展開 イキっぱなし 乳首責め 指挿れ 乳首 ラブラブ ベッド以外 働く女性 潮吹き いじわる 彼氏 言葉責め 胸きゅん フェラ 年上の男性 年下クン 挿入なし 好きな人 ちょっと過激に スリル 中出し OL

すべてのタグを見る