気持ちのない性生活を癒やしてくれたのはあなただった

・作

自分本位で前戯すらないセックスをする夫に、身も心も満たされないあきこ。そんな時は図書館で好きな本を読む。ある日、本を借りたのに図書館に忘れてしまうあきこ。取りに行くと、閉館しているのにあきこを待つ男性スタッフがいて…!?

私の夫は40歳にして性欲が強い。

結婚して12年になるというのに週に3回はセックスをしている。

拒みたくても拒んだらケンカになりそうで、誘われると我慢してでもセックスをする。

性欲がないわけじゃないし、セックスが嫌いなわけでもない。

夫のセックスは求めてくるくせに淡白で、自分本位だ。

自分が気持ちよければそれでいいと思ってる。

前戯なしの挿入なんてあたり前。

気持ちなんて何もこもっていない。

感じるセックスをしたのはいつが最後だろう。

思い出せない…。

*****

夫とセックスをした翌日は、本を読みに近くの図書館へと足を運ぶ。

身も心も満たされなくてモヤモヤするからだ。

私は本が好きで、読んでいると心が穏やかになる。

集中できるし、嫌なことを忘れられる。

そして何より図書館の静かな空間がとても好きなのだ。

図書館で本を読んだあと、最後に本を借りていく。

週に何度も来ているので、1人の男性スタッフと仲良くなった。

仲がいいといっても、本について少し話す程度だけど。

この日も借りた本に対して

「この本、俺も読みました!かなり面白いですよ。主人公が最後に…」

「いわないで!」

「あっ!失礼しました…」

フフッと笑ってしまった。

この男性スタッフは20代後半くらいだろうか。

整った顔立ちに眼鏡が映える。

真面目そうに見えて、話すと人懐っこくて笑顔が可愛くて、年甲斐もなく胸がキュンとしてしまう。

10歳くらい年下の子にときめいてどうするの!って思うけど、その子と話すのが楽しみになってる自分がいる。

浮気してるわけじゃないし、それくらいいいよね…?

帰る前にお手洗いに行こうと思って、借りた本は一旦机の上に置いた。

しかし、本を忘れて帰ってしまった私。

気づいた頃には閉館時間を過ぎてしまっていた。

急いで図書館に戻ると、閉まっていると思ったがドアは開いていた。

電気も点いていたが、いつにも増して静まり返っていた。

誰もおらず、スタッフも見当たらない。

「し、失礼しまーす…」

本を置いた机に向かう。

しかし本はなくなっていた。

片されてしまったのかと諦めて帰ろうとした時、

「お探しものはこれですか?」

そこには眼鏡の男性スタッフがいた。

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. マッサージの施術中にいやらしく胸を揉まれ犯される

    黒子せな55680Views

  2. 会社のためのラブドール。優しい痛みに壊されて…。

    天音澪莉45345Views

  3. 淡白だと思っていた彼氏が一人でシてて…

    十月夏葵35639Views

  4. 大好きな彼とのセックスが淡白すぎて、一人エッチにはまってしまった私

    八代もも30573Views

  5. いつもと違う幼馴染から愛される夜

    勝田23884Views

  6. 満員電車で痴漢に遭い、そのまま公衆トイレで…

    黒子せな22988Views

  7. 裏垢女子~ヒミツもカラダも暴かれて~

    青海なぎ22734Views

  8. 弱みを握られた義父に無理やり犯される

    黒子せな20222Views

  9. とってもタイプの配達のお兄さんに出逢ってしまい、誘惑してママから隠れてクローゼットでイチャイチャする話

    八代もも17159Views

  10. 夫に相手にされない私が勇気を出して快楽の園を訪ねる話。

    猫猫にゃん17135Views

最近のコメント

人気のタグ

クリトリス クンニ 愛のあるSEX ちょっと強引に キス 愛撫 クリ責め 我慢できなくて 思わぬ展開 乳首 指挿れ 乳首責め イキっぱなし ラブラブ 働く女性 ベッド以外 潮吹き 彼氏 いじわる 胸きゅん フェラ 言葉責め 中出し 好きな人 年下クン 年上の男性 ちょっと過激に スリル OL 挿入なし

すべてのタグを見る