子ども扱いしないで。卒業式に抱え続けた想いを…

・作

「久しぶりに家でご飯でも食べようか」最後の制服、スクールバッグには卒業証書。とても大変だった時期に、助けてくれた大好きな人。なのに彼はことあるごとに自分のことを「おじさん」というし、私のことを子供扱いしてくる。だから聞くの。「私って、やっぱり…子供っぽいですか?」この一言が2人の関係をガラリと変える―。

「美雪ちゃん、今日は久しぶりに家でご飯でも食べようか。」

制服姿の私に春彦さんが言った。
使い古したスクールバッグには卒業証書が入っている。
春彦さんは、「久しぶりに」なんて言ってるけど、ホントは私がお願いしたのだ。
卒業祝いは、お家でご飯が良いって。

「それにしても、早いなぁ。もう高校卒業か。」

春彦さんが隣に引っ越してきたのは、私が中学1年の時。
あれから、6年も経つのか。
でも、春彦さん、全然早くなんかなかったよ。

「中学の頃だよね、美雪ちゃんがボクの家に入り浸るようになったの。」

「ひっどーい、そんな言い方ないじゃないですか。」

「ごめんごめん。」

「他に行くところなかったんです。」

「びっくりしちゃったよ。初めて美雪ちゃんがボクの家に来た時はさ。顔ぐしゃぐしゃにして泣きじゃくった子が、玄関のドアあけたら立ってたんだもん。」

「ごめんなさい。でも、あの時は、ホントに助かりました。両親、私が小さい頃から喧嘩ばっかりだったんですけど、当時は特に酷かったから。」

「今は?」

「離婚してからは落ち着いてます。父親は仕事に出たきりで、滅多に帰ってこないし。」

「そっかぁ。でも、気をつけなよ。一人暮らしのおじさんの家に上がり込むなんて、危ないんだから。」

おじさんなんて言わないでよ。まだ34じゃん。そうやって、突き放さないでよ。

「おじさんかどうかは、私が決めることです。」

「美雪ちゃんは優しいなぁ。」

ほら。また、子供をからかうみたいにあしらって。

「春彦さん、私って、やっぱり・・・子供っぽいですか?」

「え・・・」

やっぱり、そうだったんだ。勢いなんかで聞かなきゃよかった。

「そうですよね・・・。背も小さいし、顔も童顔だし、胸も小さいし、それにツラいとき、春彦さんに甘えちゃうし・・・。」

どうしよう。話せば話すほど、苦しくなる。
苦しいのにやめられないし、目の前が滲んで見えなくなる・・・。

「美雪ちゃん・・・」

そういって、春彦さんは私を包んでくれた。

あーあ、また、甘えちゃった。こんなんだから、子供扱いされるんだろうなぁ。

「美雪ちゃん、わかってる?」

え・・・。

「ボクがどんな思いで6年間過ごしてきたか。」

嘘・・・。

「ずっと、我慢してた。」

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 出張の夜、優しいイケメン同期が豹変。強引な愛撫に溶かされて…

    chiharu62934Views

  2. 後輩に媚薬を盛られて、彼氏と後輩にめちゃくちゃにされちゃった

    夢咲 花笑43459Views

  3. エロボイス配信者なお隣さんとおねだりエッチ

    chiharu35192Views

  4. 夫との営みに不満を持っていた私。自分ばっかり気持ちよさそうな夫に腹が立って上になってみたら…!?

    夢咲 花笑34429Views

  5. 初恋の幼馴染からの告白。両思いの夜は甘くとろけて

    chiharu27276Views

  6. 評判のマッサージ店に行ったらイケメンの店員さんにクリトリスを丁寧にマッサージされちゃった。

    九条リオ22138Views

  7. 結構なお点前で

    十月夏葵20308Views

  8. 二度目の初体験

    月島満19998Views

  9. コスプレ女とカメラ男のちょっとした邂逅

    AYA19955Views

  10. ロールキャベツ男子は二度美味しい

    十月夏葵19761Views

最近のコメント

人気のタグ

クリトリス 愛のあるSEX 愛撫 キス クリ責め クンニ ちょっと強引に 我慢できなくて 思わぬ展開 乳首責め イキっぱなし 指挿れ ラブラブ ベッド以外 乳首 働く女性 潮吹き いじわる 言葉責め 彼氏 胸きゅん フェラ 年下クン 年上の男性 挿入なし ちょっと過激に 好きな人 スリル えろい 中出し

すべてのタグを見る