子ども扱いしないで。卒業式に抱え続けた想いを…

・作

「久しぶりに家でご飯でも食べようか」最後の制服、スクールバッグには卒業証書。とても大変だった時期に、助けてくれた大好きな人。なのに彼はことあるごとに自分のことを「おじさん」というし、私のことを子供扱いしてくる。だから聞くの。「私って、やっぱり…子供っぽいですか?」この一言が2人の関係をガラリと変える―。

「美雪ちゃん、今日は久しぶりに家でご飯でも食べようか。」

制服姿の私に春彦さんが言った。
使い古したスクールバッグには卒業証書が入っている。
春彦さんは、「久しぶりに」なんて言ってるけど、ホントは私がお願いしたのだ。
卒業祝いは、お家でご飯が良いって。

「それにしても、早いなぁ。もう高校卒業か。」

春彦さんが隣に引っ越してきたのは、私が中学1年の時。
あれから、6年も経つのか。
でも、春彦さん、全然早くなんかなかったよ。

「中学の頃だよね、美雪ちゃんがボクの家に入り浸るようになったの。」

「ひっどーい、そんな言い方ないじゃないですか。」

「ごめんごめん。」

「他に行くところなかったんです。」

「びっくりしちゃったよ。初めて美雪ちゃんがボクの家に来た時はさ。顔ぐしゃぐしゃにして泣きじゃくった子が、玄関のドアあけたら立ってたんだもん。」

「ごめんなさい。でも、あの時は、ホントに助かりました。両親、私が小さい頃から喧嘩ばっかりだったんですけど、当時は特に酷かったから。」

「今は?」

「離婚してからは落ち着いてます。父親は仕事に出たきりで、滅多に帰ってこないし。」

「そっかぁ。でも、気をつけなよ。一人暮らしのおじさんの家に上がり込むなんて、危ないんだから。」

おじさんなんて言わないでよ。まだ34じゃん。そうやって、突き放さないでよ。

「おじさんかどうかは、私が決めることです。」

「美雪ちゃんは優しいなぁ。」

ほら。また、子供をからかうみたいにあしらって。

「春彦さん、私って、やっぱり・・・子供っぽいですか?」

「え・・・」

やっぱり、そうだったんだ。勢いなんかで聞かなきゃよかった。

「そうですよね・・・。背も小さいし、顔も童顔だし、胸も小さいし、それにツラいとき、春彦さんに甘えちゃうし・・・。」

どうしよう。話せば話すほど、苦しくなる。
苦しいのにやめられないし、目の前が滲んで見えなくなる・・・。

「美雪ちゃん・・・」

そういって、春彦さんは私を包んでくれた。

あーあ、また、甘えちゃった。こんなんだから、子供扱いされるんだろうなぁ。

「美雪ちゃん、わかってる?」

え・・・。

「ボクがどんな思いで6年間過ごしてきたか。」

嘘・・・。

「ずっと、我慢してた。」

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. ご主人様の言う通り…高額アルバイトの真実

    天音澪莉33217Views

  2. 友達にはバレたらいけない夜の出来事

    勝田27606Views

  3. 会社のためのラブドール。優しい痛みに壊されて…。

    天音澪莉27604Views

  4. 性感マッサージのセラピストにハマっちゃう!

    十月夏葵23879Views

  5. なんで可愛い後輩君のペニスがこんなに巨根なの!?

    木沢23336Views

  6. マッサージの施術中にいやらしく胸を揉まれ犯される

    黒子せな20153Views

  7. きっかけは花粉症?!意中の彼と両想いラブラブエッチ

    青海なぎ14128Views

  8. 子犬系男子が残業続きで臭ってきたから、シャワーを貸してあげたら、懐いちゃった話

    八代もも13870Views

  9. とってもタイプの配達のお兄さんに出逢ってしまい、誘惑してママから隠れてクローゼットでイチャイチャする話

    八代もも12942Views

  10. 配達のお兄さんとのとろけそうな時間。

    猫猫にゃん12625Views

最近のコメント

人気のタグ

クリトリス クンニ 愛のあるSEX キス ちょっと強引に 愛撫 クリ責め 我慢できなくて 乳首 思わぬ展開 指挿れ 乳首責め イキっぱなし ラブラブ 働く女性 ベッド以外 潮吹き 彼氏 いじわる 胸きゅん フェラ 言葉責め 中出し 好きな人 年下クン 年上の男性 OL ちょっと過激に スリル 挿入なし

すべてのタグを見る