ドSなあなたに魅了されてドMが開花した私

・作

酔うとドSに変貌する彼•よしみつにさなは最初困惑するが、だんだんハマっていき、自分がドMだということを知る。開花されたさなはいつもとは違うよしみつとのセックスにドキドキと興奮が止まらない!

人には恥ずかしくていえないことがある。

実は私…ドMなんです!

男の人に強い口調で責められたり弄られると快感!

でもそんなこといったら引かれてしまうから、彼氏のよしみつにもいえない…。

だけどよしみつは普段は優しい愛のあるセックスをするんだけど、酔うとドSになって私を襲ってくるの。

それがすごく刺激的で大興奮しちゃう。

毎日酔ってほしいと願うけどなかなかそうもいかないわけでして…

*****

よしみつがかなり酔って、一人暮らしの私の家に来たことがある。

あまりお酒を飲むタイプではなく、会社の付き合いで少し飲む程度で、基本的にお酒が苦手なはずなのにその時は私に絡んで来るほど飲んでいた。

「もっと酒くれぇ、さなぁさーけー!」

「お酒はここにはないよ?お水飲む?」

「俺は酒がいいんだよ、さーけー!」

いつもと違うよしみつに戸惑いながらもとりあえずお水を持っていった。

「これお水だよ、飲んで?」

「飲ませて」

「えっ?」

「早く」

「あ、うん…」

私はコップをよしみつの口まで持っていった。

「違う、口移しで」

「えっ…」

「早く」

私はお水を口に含み、よしみつの口へ流し込んだ。

「もっと」

よしみつにねだられる度にドキドキして興奮してしまう自分がいた。

そして何度か口移しを繰り返し、

「服脱いで」

唐突にいわれ、困惑していると

「聞こえなかった?もう一度いうよ?ふ•く•ぬ•い•で」

息を飲み、意を決して、よしみつに見つめられながら服を脱いでいく私。

恥ずかしくて恥ずかしくて…心臓の高鳴る音が聞こえてしまいそう。

「これでいい…?」

私は下着姿になった。

「ダメ、下着も脱いで」

「はい…」

そして全裸になるが、脱いだ服で身体を隠す。

だけどよしみつにはぎ取られた。

「隠しちゃダメでしょ、ちゃんと見せて」

恥ずかしそうに裸で立っている私を舐めるように見ているよしみつ。

「後ろ向いて」

「はい…」

「ベッドで四つん這いになって」

「えっは、はい…」

なんでこんな格好を求めるの?

大事なところも見えてしまう。

死にそうなくらい恥ずかしいのに興奮してて、冷たい感じのよしみつが私を刺激して、私の淫部は濡れていた。

「さな、濡れてるよ。興奮しちゃった?」

「あっこれはその…」

「素直にしたいっていえばいいのに。俺がほしい?」

「う、うん…」

「うんじゃなくてどうしてほしいの?」

「よ、よしみつがほしい…!」

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 優しい社長のドS調教。溶かされた身体は玩具よりも…

    chiharu68557Views

  2. 高熱は媚薬

    月島満39266Views

  3. 女性をイカせるための機械開発

    夏野33354Views

  4. 官能表現を手に入れたいある漫画家の話

    AYA27651Views

  5. ただの地味OLだった私が、憧れの先輩の性奴隷になるまで…

    逢沢愛27487Views

  6. 誕生日の彼に作ったケーキ。味変でケーキとクリームが私の体に乗せられて始まった女体盛り

    夢咲 花笑25092Views

  7. 私に怒ったセフレが押し倒してきた!帰してもらえない私は朝まで好きだと教えこまれ…

    夢咲 花笑22627Views

  8. 勘違いな片思い

    月島満20124Views

  9. 聖女様のお仕事

    AYA19681Views

  10. 凸凹カップルの朝のセックス

    夏野17873Views

最近のコメント

人気のタグ

クリトリス 愛撫 愛のあるSEX クンニ キス クリ責め ちょっと強引に 我慢できなくて 思わぬ展開 乳首責め イキっぱなし 指挿れ 乳首 ラブラブ ベッド以外 働く女性 潮吹き いじわる 彼氏 言葉責め 胸きゅん フェラ 年上の男性 年下クン 挿入なし ちょっと過激に 好きな人 スリル 中出し OL

すべてのタグを見る