深夜のコンビニのトイレで、興奮した彼氏に焦らされ後ろから激しく突かれて

・作

深夜、恋人がバイトしているコンビニに押しかけたが、あてが外れて一緒に帰れないと断られてしまう。残念に思いながらもトイレに入ると、恋人が後ろから追い掛けてきて抱き締めながらスカートをめくり上げた。押しつけられた彼のあそこはすっかり硬くなっていて……

「武史、見つけた!」

いきなり後ろから抱き付くと、棚に商品を補充していた武史は驚いて顔を上げ、何度も目を瞬かせた。

「美湖、ちょ、もう真夜中だぞ?ここで何してる?」

「打ち上げで飲んで、終電で帰ってきたところなの。今日の夜のシフト、一人だって聞いたから寂しいかなと思って」

同じ大学の恋人、武史がコンビニでバイトを始めたのは一年ほど前だ。

住宅街と駅の間にあり、電車が動いている間は忙しいと聞いていたが、本当だった。

「夜になると暇だって聞いてたけど、本当に誰もいないんだ。一人じゃ寂しくない?」

抱き付いた背中から身を離し、店内をざっと見回すが、もちろん客は誰もいない。

驚きから立ち直った武史が大きなため息を漏らした。

「どうするんだ、美湖の家、バスを使わないと遠いだろう?もう最後のバス、行っちまったぞ」

「知ってる。武史と一緒に帰ろうと思ったけど、何時まで?」

一人で品出しをしていたのだろうが、まだまだ手を付けられていない商品が段ボールと箱に入って通路に置かれている。

それを眺めてから振り返ると、武史は困ったように首を傾げた。

「今日は店長も用事があって来られないから、バイトの時間、伸びたんだ。だから朝の六時までだよ」

「え?そうなの?なら、歩いて帰る――」

「だめだ、歩いて帰るのなら俺がタクシー呼ぶよ。二週間前、痴漢が出たって大騒ぎだったんだ。美湖も知ってるだろう?俺の兄貴、警官だからさ」

「……知ってるけど、そうそう痴漢なんて」

「美湖」

困り切った声が名を呼んで、私は口を閉じた。

ちょっと心配性だが純粋に心配してくれる彼の言葉が嬉しかった。

いつだって私のことを思ってくれる彼氏を振り返って、私はうなずいた。

「わかった。……でもタクシーはちょっともったいないな」

「俺が出すからいいよ。それじゃ、電話する?」

「……――」

ポケットから携帯電話を取り出す武史を見て、私はお願い、と言い掛けて、口を閉じた。

こちらを見ながら言葉を待っている彼まで歩み寄り、それじゃ身体で返すから、と小さな声で囁くと、途端に武史の顔が真っ赤になる。

「美湖!」

「もう、本当に真面目だなぁ!……誰も見てないのに」

「そ、そういう問題じゃ」

「ないけど、……最近、してないでしょ?」

ちょっとだけその気になっただけだが、さすがに兄が警官だけあって、武史は真面目だった。

だめだ、と少しつっけんどんに断られて、私はため息を漏らしながら棚の間から抜け出す。

「わかった。それじゃタクシー会社に電話、してくれる?自分で払うから」

「美湖」

「トイレ」

武史の行動が間違っているわけではないが、誘いを断られて彼の側で待つ気にはなれなかった。

バッグを持ったまま雑誌の前を通ってトイレに近付き、女性用のステッカーが入ってある個室に入る。

「――!」

後ろ手にドアを閉めようとした手を掴まれ、そのまま中へ押し込まれた。

驚いて振り返ると、顔を真っ赤にした武史が鍵を閉めて、こちらへ向き直るなり美湖、と少し大きな声で名を呼んだ。

「ごめん、その、来てくれて嬉しかった、し、……さっきの言葉も、嬉しかった、んだけど、……君を怒らせる気はなかったんだ」

「――……」

「美湖がよければ、もう少しだけ、一緒にいて、くれないか?最近、……忙しくて、会えてなかったから」

必死に言い募る姿も言葉も嬉しくて、私は思わず笑ってから、バッグを投げ出し、武史に飛びついて強く抱き締める。

彼の服からは、かすかだがレジの横に置かれている揚げ物の匂いがした。

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

Please rate*

カテゴリー

月間ランキング

  1. 年下で金髪で絶倫のオトコのコ

    アンノアンズ33688Views

  2. スクープの代償、弄ばれる記者の性

    アンノアンズ29784Views

  3. 秘密のセラピーはスイートルームで

    アンノアンズ24581Views

  4. 金で男を買う女

    桜花19070Views

  5. 同棲中のカレにエッチなおねがい

    愛衣15258Views

  6. おれと一線を越えてよ

    蜜豆13825Views

  7. ひ弱な彼が野獣に変わる夜

    蓮根小万峙13586Views

  8. アトリエの淫声

    アンノアンズ13450Views

  9. 年下彼の嫉妬が激しすぎる

    黒猫11607Views

  10. あなたは私のはじめての人

    蜜豆10883Views

最近のコメント

人気のタグ

ベッド以外 えろい 彼氏 ラブラブ キス 愛のあるSEX あまあま 愛撫 我慢できなくて ちょっと強引に いじわる クンニ クリトリス 思わぬ展開 イキっぱなし クリ責め 敬語 スリル フェラ 挿入なし 言葉責め 乳首責め 好きな人 年上の男性 焦らしプレイ 大人の余裕 潮吹き かなりえろい 胸きゅん 酔って

すべてのタグを見る

作家一覧

  • 柚木梓澄 (16)
  • 桜花 (15)
  • sabatsuna (13)
  • 蕎麦枕 (12)
  • 蜜豆 (11)
  • 白藍 (10)
  • 胡桃花 (9)
  • かりん (6)
  • 眉子 (6)
  • miho (5)
  • 床井 (5)
  • アンノアンズ (5)
  • ルビ (4)
  • 夢峰子 (4)
  • あすか (4)
  • 冬宮あみ (4)
  • シーラモンド (3)
  • ひめいちご (3)
  • アーニャ (3)
  • Maggie (3)
  • 王林 (3)
  • winter3332 (2)
  • 哀凪 (2)
  • 雪池 (2)
  • 将軍 (2)
  • 黒猫 (2)
  • melody (1)
  • 蓮根小万峙 (1)
  • ミチル (1)
  • ハトフク (1)
  • ヤスノ (1)
  • 愛衣 (1)
  • 笹川よる (1)
  • 柊なな (1)
  • ミニミニ (1)
  • minorin (1)
  • ミソラ (1)
  • 桔梗楓 (1)
  • 森野ひつじ (1)
  • bell (1)
  • 七瀬 (1)
  • たからやままおり (1)
  • emily (1)