みて、みないで

・作

遠方の恋人に久々のデートをドタキャンされたわたしは、1人、久しぶりの彼の部屋で我慢できずに、自慰行為を始めてしまう。行為の最中彼から電話がかかってきて、自慰をしているとばれたわたしは、自慰の様子を説明するよう求められる。

ペディスドリアンデッキの上を闊歩しながら、わたしは激怒していた。

あの冷淡薄情な彼氏を許しておくわけにはいかなかった。

わたしはスマホの画面を割らんばかりに強く握りしめた。

 

7月、彼が赴任する県で開催される花火大会に行こうよ、と言い出したのは彼の方だった。

わたしと彼は、いわゆる遠距離恋愛で、会える日はそう多くない。

だから誘ってくれたときは、本当に嬉しくて、3ヶ月も前から休みを確保していたのに。

浴衣だって着たのに。

横目に仲睦まじいカップルが通り過ぎる。妬ましい通り越してもはや殺意である。

わたしだって、幸せに裕翔とデートしていたはずだったのだから。

ため息混じりに何度ラインを見直しても、無情にも返答は変わらない。

 

>裕翔!着いたよ!どこ〜?

>亜里沙ごめん!急に仕事が頼まれて行けなくなっな

>え?

>まじごめん部長によばれてるほんとごめん

>ちょっとまって!どういうこと!?

 

……っと、そこからはいくら送っても返事は来なかった。信じられなくて30分はその場で待った。開会の挨拶が流れて、1発目の花火が上がったとき、本当に来ないのだと納得した。

誤字するほど焦っているのはわかる。彼が悪いわけじゃないこともわかる。

だがそれでは、わたしの感情の行方がわからないではないか。

電車の窓から、かすかに打ちあがる花火の音が聞こえた。

しかし、目を凝らしても花火は見えない。

泣きそうになるのを、唇を噛んで堪えているのが精一杯だった。

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

Please rate*

カテゴリー

月間ランキング

  1. 年下で金髪で絶倫のオトコのコ

    アンノアンズ33980Views

  2. 秘密のセラピーはスイートルームで

    アンノアンズ25489Views

  3. スクープの代償、弄ばれる記者の性

    アンノアンズ24011Views

  4. 金で男を買う女

    桜花19199Views

  5. 同棲中のカレにエッチなおねがい

    愛衣15955Views

  6. ひ弱な彼が野獣に変わる夜

    蓮根小万峙13917Views

  7. おれと一線を越えてよ

    蜜豆13872Views

  8. アトリエの淫声

    アンノアンズ12797Views

  9. あなたは私のはじめての人

    蜜豆10963Views

  10. 年下彼の嫉妬が激しすぎる

    黒猫10137Views

最近のコメント

人気のタグ

ベッド以外 えろい 彼氏 ラブラブ キス 愛のあるSEX あまあま 愛撫 我慢できなくて ちょっと強引に いじわる クンニ クリトリス 思わぬ展開 イキっぱなし クリ責め 敬語 スリル フェラ 挿入なし 言葉責め 乳首責め 好きな人 年上の男性 焦らしプレイ 大人の余裕 潮吹き かなりえろい 胸きゅん 酔って

すべてのタグを見る

作家一覧

  • 柚木梓澄 (16)
  • 桜花 (15)
  • sabatsuna (13)
  • 蕎麦枕 (12)
  • 蜜豆 (11)
  • 白藍 (10)
  • 胡桃花 (9)
  • かりん (6)
  • 眉子 (6)
  • miho (5)
  • 床井 (5)
  • アンノアンズ (5)
  • ルビ (4)
  • 夢峰子 (4)
  • あすか (4)
  • 冬宮あみ (4)
  • シーラモンド (3)
  • ひめいちご (3)
  • アーニャ (3)
  • Maggie (3)
  • 王林 (3)
  • winter3332 (2)
  • 哀凪 (2)
  • 雪池 (2)
  • 将軍 (2)
  • 黒猫 (2)
  • melody (1)
  • 蓮根小万峙 (1)
  • ミチル (1)
  • ハトフク (1)
  • ヤスノ (1)
  • 愛衣 (1)
  • 笹川よる (1)
  • 柊なな (1)
  • ミニミニ (1)
  • minorin (1)
  • ミソラ (1)
  • 桔梗楓 (1)
  • 森野ひつじ (1)
  • bell (1)
  • 七瀬 (1)
  • たからやままおり (1)
  • emily (1)